何があっても”この子”を守る…!男が彼女を「ずっと大切にしたくなるLINE」4つ

男性であっても、誰かを頼りたくなったり、甘えたくなったりはするもの。
そんなときに支えてくれる女性は、まさに特別な存在ですよね。

今回は男が彼女を「ずっと大切にしたくなるLINE」をご紹介します。

(1)「私はいつでも○○くんの味方だよ!」

『仲間内でトラブルが発生し、自分だけが浮いてしまった時のこと。
いつも一緒にいて、大切だった友人たちと距離をおくことになり、自分の判断は正しかったのか…と悩んでしまっていました。
そんな時に彼女から送られてきたLINEに「私はいつでも○○くんの味方だよ!」の文字。

「何があっても自分の味方でいてくれる人がいるんだ」「彼女は無条件で自分を味方してくれるんだ」と彼女の優しさに、涙が止まりませんでした。
そしてこの瞬間、次に彼女の身に何か起きたら、自分が全身全霊をかけて守ろうと決めました』(28歳/IT)

(2)「○○くんが頑張ってるの知ってるよ、きっと次はうまくいくからね」

『男性は女性に比べて「勝負の時」が多いもの。
仕事や部活など、どうしても負けられない時があるものです。
とはいえ彼女にいいところを見せたいと思って努力したとしても、報われなかったり、思うような結果を出せずに悔しい思いをすることもあります。

大事なプレゼンの前に、一生懸命努力をして準備をしていたにもかかわらず、上司や取引先から良い評価をもらうことができず、大きく落ち込んでしまったことがありました。
そんな時に彼女から「○○くんが頑張ってるの知ってるよ、きっと次はうまくいくからね」と、暖かいLINEがきた時には、とても元気をもらいました。

「自分のことを見ていてくれる人がいる」というだけで強くなれた気がして、彼女のことをずっと守ろうと感じました』(26歳/企画)

(3)「泣きたい時は私の胸で泣いてください、あんまりないけど」

『大切な友人を亡くしてしまい、どうしようもなく落ち込んでいた時に彼女からきたLINEが印象的でした。

毎日どんよりと過ごしていた自分に、彼女からきたLINEは「泣きたい時は私の胸で泣いてください、あんまりないけど」という一文。

「泣きたい時は私の胸で泣いてください」と、ちょっとかっこよく、頼り甲斐のあるセリフを吐きつつも、「あんまりないけど」とネタにして終わらせてくるところに、彼女の優しさを感じました。

どれだけ落ち込んでいたとしても、最後には「ないのかよ!」と笑ってしまうようなLINEメッセージに、心が軽くなったと同時に、「これから先、何かあったとしてもこの子となら笑って乗り越えられそう」と思わされました』(25歳/コンサル)

(4)「寂しい時は、いつでも私を頼ってね」

『男性であっても、ふとした瞬間に寂しくなったり、心細くなったりするものです。
特に何があったわけでもなく、なんとなく寂しいなあ、と感じていたある日の夜に、彼女からきたLINEに安心したことを覚えています。
彼女からふと「寂しい時は、いつでも私を頼ってね」と言ったLINEがきたのです。

「どうして自分が今寂しいと思っていることがわかったのだろう?」と不思議になると同時に「こんなに自分を想ってくれるくれる子のことを、大事にしないわけにはいかない」と思ってしまいました。

普段は自分が彼女をリードし、支えることが多いとばかり思っていましたが、実は自分は彼女に支えられていたんだな、と再確認したメッセージでもありました』(31歳/メーカー)


今回は男が彼女を「ずっと大切にしたくなるLINE」をご紹介しましたが、いかがでしたか?
たまに「頼れる女性」「甘えられる女性」として男性にメッセージを送ってみるのが効果的のようですね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする