こんなはずじゃなかった……!男が「彼女と付き合って後悔した瞬間」5連発!

誰もが付き合う時は「この人と付き合いたい!」と思って付き合うもの。
ですが仲が悪くなると「なんで付き合ってしまったんだ……」と後悔するのが身勝手ですが人間の心理。
では男性が「彼女と付き合って後悔した瞬間」はどのような時なのでしょうか。

そこで今回は、男性に聞いた「彼女と付き合って後悔した瞬間」をご紹介します。

(1)口が臭すぎて後悔

『彼女と付き合ってキスしようとしたときに、口臭が臭かったこと。
臭くてキスできなかったです。その後、我慢できずに別れました』(31歳/アパレル)

(2)浮気されて後悔

『ありがちですが、浮気されたときは「ああ、自分じゃダメだったんだな」といろいろなことを否定された気分になりました。
こちらから付き合って欲しいとアタックしただけに、どうしてつなぎとめられなかったのかと後悔は大きかったです。
その後、彼女は浮気した男の人と付き合うことになったからと別れました』(25歳/企画)

(3)洗ってないコップに注いだお茶を出されて後悔

『付き合い始めて間もない彼女の部屋に遊びに言ったら、彼女の部屋があまりに汚く、洗ってもいないコップに注いだお茶を出されました。
特に綺麗好きな彼女でなきゃダメということはありませんが、ここまで不衛生だとさすがに後悔しました』(27歳/金融)

(4)束縛されて後悔

『凄い束縛をするタイプで、全てのメールや行動を管理されるようになったとき、負担に感じるようになり別れた』(28歳/外資)

(5)彼女の気持ちが重すぎて後悔

『自分の気持ち以上に彼女の方が自分を好きだと感じてしまった時に冷めてしまい、その後間もなくして別れました。』(32歳/マーケティング)


いかがでしたか?
人それぞれ後悔する理由はありますが、付き合う前から分かっていたことで後悔するのはやめてほしいものですよね。
付き合ってから見えてくる恋人の嫌なところをどう捉えるかが長続きのポイントと言えそうです。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする