”具体的な約束”を取り付けるのが大事!「新しい恋」の始め方3ステップ

プライベート大学恋愛学部のユウキです。

今年も残すところ、あと3ヶ月。
時間が過ぎるのはあっという間ですよね。
気温も徐々に下がっていき、人肌恋しい季節に入ってきます。

そんな中、ふと思う“恋人が欲しい”という気持ち。
でも恋をどうやってはじめたら良いかわからないというあなたと恋活の一歩目を考えていきたいと思います。

(1)言葉よりも行動を

“彼氏欲しいなー”
このフレーズは友人と話していてもよく聞きます。
しかし話をするだけで、実際にアクションをしていることが少ないなと感じます。
逆に、“彼氏できた”と報告に来てくれる友人は計画的にアクションを起こして、出会いを生み出しています。

会話で完結して良いなら、そのままでも構いませんが、「現状を変えたい」「週末を一緒に過ごせる相手が欲しい」と思っているなら、今すぐ行動をしましょう!

(2)恋活をはじめる

“行動しよう”と言っても何からはじめれば良いか分からない。
そんな声も多く頂きますが、結論から言えば何からでも良いんです。

自分の携帯電話にある男友達の連絡先を眺めながら、その相手、もしくはその相手の背景にある人脈に可能性を見出すこともスタートの一つです。
1対1のデートをしても良い、合コンをセッティングしても良い、まずは異性と出会って話しましょう。

恋活の初期から理想の相手に出会うことは難しいかもしれません。
しかしアクションを起こした数だけ、「恋をはじめられる可能性」「自分の本当の理想像への気づき」を得ることができます。
上限は自分で設けなくて良いです、どんどんチャレンジしましょう。

(3)オススメの出会い方

私なりにオススメの出会い方があるので、そちらを紹介させて頂きます。
それは「友人の友人×貸切スタイル」です。
どういうことかというと、少人数で貸し切れるBARやお店で友人の友人まで招待OKという飲み会です。

ポイントは、“近くもなく、遠くもない存在の相手と出会える”ことです。
ここのゾーンは恋愛に発展する可能性が高いです。

「共通の知人を介していることによる安心感」
「コミュニケーションを取りやすい規模感」
この2つの要素における効果は非常に大きいです。


恋活の第一歩は“具体的な約束を取り付けること”です。
先ほども述べた通り、とにかくアクションを起こしましょう。
継続的に行うことで、よりその確率は高まります。

できる方は“週1人、新しい出会いをつくる”など、目標を立ててみても良いかもしれません。
行動した人だけ、未来は変わります。

●ライター/ユウキ(プライベート大学恋愛学部教授)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする