「○年後、お互い独身だったら結婚しよう」という男たちの本心

【相談者:30代女性】
私は32歳独身ですが、大学の頃に仲が良かった同級生と、卒業と同時に「10年後、お互いに独身だったら結婚しよう」と約束しています。それからも半年に一度ペースで会ってお互いの恋愛やお仕事などの近況を報告し合ったり、一緒に旅行へ行ったりするほどの仲です

今年はちょうど10年が経ち、お互いにまだ独身で今はお付き合いしている人もいません。そこで、この約束を切り出してみたら、覚えてくれているのに、あれは過去のことだからと笑って話を反らされました。

私は彼とは本当に結婚してもいいくらい仲良しですし、結婚の約束があったからどこか安心して婚活とかせずに今までいられたんだと思います。仲が良いだけに結構ショックなのですが、もう約束は果たしてもらえないんでしょうか?

qa_a “友達以上恋人未満”の関係をキープするための男の決め台詞。

「○歳になってもお互い独身だったら結婚しよう」「○年後、お互い独身だったら結婚しよう」

仲のいい彼氏と別れることになったとき、付き合っているかのように仲のいい男友達といるとき……このような会話をしたことがある人は私の周りでも多数います。

130405tanaka

しかし、昨年10月に放送されたフジテレビのドラマ『結婚しない』のシーンでもあった、「35歳になっても独身だったら結婚しよう」といった学生時代の婚約。年月が経っていざそのときになると、「やっぱり若い奥さんがいいので結婚できない」と主張する男性の言い分があったように、あまり現実的とはいえなさそうです。

そこで今回、5年後に結婚の約束をしたにもかかわらず、そのときが来てさらに5年先に約束を延ばしたことのある男性から、「○年後の婚約をする真意」をインタビューさせていただきました。

— 本当に結婚するならば今すぐにでも結婚している

まず、今すぐなぜ結婚しないのか、いつ結婚するのかをお伺いしたところ、男性によると、「実はその女性とは結婚する気がない」「結婚願望はあるけれど、その女性はイメージする結婚相手とは違うから」とのことでした。

ご質問者さまのように、何でも話せる友達のような関係の相手とは結婚後もずっと仲良しでいられる、と前向きに考える人がいる一方で、いつまでもイメージする理想の結婚相手にこだわり続ける人もいます。

また、結婚する気がないのに、5年後に結婚の約束をした理由について、男性は「いつか自分でも誰かと結婚できるんだと安心したいし、その女性とはずっと友達でいたいから」と話してくれました。

いつか結婚できるという安心感が生まれ、“保険”をかけ合っているかのような「○年先の婚約話」。ただ、結婚活動市場では、女性の人気年齢と男性の人気年齢は異なるため○年先の婚約は、注意が必要です。

すぐ結婚しないのは、何でも話せるベストフレンドのような人とベストカップル(夫婦)になりたいというのではなく、手の届かないような理想の女性と夫婦になりたい願望の方が強いため。これでは、時間だけが経過して結果につながらない恐れがありますので、“保険”に頼らず、結婚相手を積極的に探さなければなりません。

うっかり“永遠のキープちゃん”にならないためには?

さらに、お互い都合よく、いつまでも“保険”をかけ合える関係というのは、いつか終わりを迎えます。

インタビューで、その男性は「約束の5年後がきたら、さらに5年後に延ばす予定」と回答しましたが、結婚願望のある相手にとって、計15年も婚約を延ばされてはたまったものではありません。

“友達以上恋人未満”の関係をキープし、腐れ縁のような関係を男性は希望しているわけで、彼の婚約を間に受けて延期に付き合うと、“永遠のキープちゃん”になってしまいます!

そうならないためにも、法律の知識を活かし、タイムリミットを意識して相手と会話をすることをオススメします。

例1)口約束で結婚の約束をするのは、婚約という一つの契約が成立することを伝える
例2)婚約破棄のときのリスクや損害賠償金をまぜ、過去の裁判の事例を紹介する
例3)「5年後って私40歳だけど本当にいいの?」と聞くなどし、タイムリミットを意識して常に接する
例4)婚約をしたことを周りの友達や親族などに公表する

あまりに婚約年齢が若い場合ですと、結婚するのに不安定な要素が入るため、正式な婚約として扱われないケースもあるようですが、婚活や仕事をやめたりなどし、男性と結婚するためのアクションがあれば有効になることも。

さらに、ご相談者様の場合ですと、すでに相手の男性への好意が伺われますので、まずは笑って誤魔化そうとする彼へ冷静に今の気持ちを告白します。そして、緊張感のある会話をして新たな気持ちで、友達から恋人、恋人から夫婦になるという王道コースを一緒に描いてみましょう。

10年前に婚約したことやこれまでの関係もありますので、誠意をもって努めてもらいたいことを伝えたら、本来、とても気が合うお二人なだけに、上手くいく可能性は十分にあるはずです。

●ライター/田中あづみ(未婚化対策専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (4)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする