友達や恋人を超えた”特別な存在”?新しい男女関係「カモフレ」とは

今新しい男女関係の形として広まりつつある「カモフレ」。
「カモフラージュフレンド」の略のようですが、一体どんな関係なのでしょうか。

今回は新しい男女関係「カモフレ」についてご紹介します。

(1)友人よりも連絡を頻繁にする

『友達以上恋人未満……いや、ある意味では恋人以上かも』(26歳/広告)

単なる友人であれば、24時間常に連絡を取り続けたり、「今日はこんなことをしたよ」などといった報告をすることもなかなかありませんよね。
ですがカモフレは、付き合っているわけではなくともこのような連絡を常に取り合っているのです。

ラインしている姿や、その内容をみれば誰もが「彼氏(彼女)とラインをしているんだなあ」と思ってしまうほどですが、実は彼らは単なるカモフレで、実際に交際をしているわけではないのです。
くだらないことや些細なことを常に報告し合えることで、心の支えになっているのかもしれませんね。

(2)二人でデートを楽しむ

『お洒落な居酒屋とかカップルじゃないと入りづらいお店にもついてきてくれるので、すごく助かる』(27歳/IT)

新しくできたカフェやお店に行きたいけれど、女1人で行くのはなんだか寂しかったり、少し行きづらかったりすることがありますよね。
友人と行くのも楽しいけれど、忙しかったりなんとなく気を使ってしまって誘えない…そんなこともあるかもしれません。
そんな時に互いにとって都合のいいのがまさにカモフレの存在。

二人でいるとまるでカップルに見えるため、カップルでないと行きにくいようなところにも行けるのがカモフレがいる魅力なのです。
異性の友達よりも誘いやすく、どんなところでも気兼ねなくいけるので、一度カモフレを持つと手放せなくなってしまう人も多いようですよ。

(3)本当は彼氏・彼女がいらない

『恋人という関係だと重すぎるので、もう少しラフな関係を求めていました』(27歳/企画)

カモフレを作る理由として大きいのが、「本当は恋人を必要としていないから」ということ。
飲み会や女子会などで、「彼氏はいないの?」「どうしていないの?」「いつからいないの?」などと面倒くさい質問攻めにあったことがある人は少なくないと思います。
特段恋人を必要としていない時にそのような質問をたくさん投げかけられても、なんだか疲れてしまいますよね。

そんな時に便利なのがカモフレの存在なのです。
カモフレを彼氏、ということにしてしまって、「彼氏がいるよ」と言ってしまえば、面倒臭い質問攻めに合うこともありませんよね。
もしかするとあなたの身近な友人も、カモフレをこのような時に活用しているかもしれませんよ。

(4)寂しい夜のお供

『1人だと人肌恋しい時ってどうしてもありますよね……』(32歳/商社)

いくらカモフレと言っても、やはり男女の関係。
どうしても寂しくなってしまう夜には、相手を異性として見てしまうことも少なくありません。
二人で寂しさを紛らわすために映画を見たり、雰囲気に飲まれてそのままキスをしたり、恋人のように交わってしまったり…

とはいえカモフレは「恋人」でも「セフレ」でも「どちらかが片思いをしている複雑な関係」でもないため、そのようなことが怒ったところで何か二人の関係が崩れたり、問題になったりすることはありません。

人肌が恋しくなってしまった時に互いを支えあう、もしかすると恋人や友人と言った域を超えた特別な存在なのかもしれません。


今回は新しい男女関係・カモフレについてご紹介しましたが、いかがでしたか?
もしかすると、あなたの周りにもカモフレを持っている友人がいるかもしれませんよ。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (4)

恋愛jpをフォローする