君は僕の”癒し”さ……!男がほっこりする彼女からの「無邪気LINE」3つ

彼氏が多忙であまり会えない時期など、ほっこり心の温まるようなLINEを送って応援してあげたい時がありますよね。
とはいえ、ほっこりする内容でも長文だとかえって相手の
負担になりますし、どんなLINEを送ればよいのか分からないという女性も多いはず。

そこで今回は実際にほっこりした経験を持つ男性のエピソードと共に『男がほっこりする彼女からの「無邪気LINE」』をご紹介します。

(1)「わーい!○○くんだあ!」

『私は医療機器メーカーの営業職をしているのですが、いまの彼女とは病院で知り合いました。
彼女は契約先の病院で看護師をしていて、一目惚れをした私が積極的にアプローチしてなんとか交際にこぎつけたんです。

酷い振られ方をして病院内に私の評判を下げるような噂を流されると、仕事に影響がでるので本当は良くないことなんですけどね。
彼女にベタ惚れなあまり、当時の私は後先を考えてなかったのかもしれません……振り返るとなかなか怖いことをしたものです。

見た目がタイプなこともありますが、彼女の魅力はなんといっても明るい性格です。
職業柄出張が多いのですが、移動の疲れでグッタリした私が救いを求めるように彼女にLINEを送ると「わーい!ヒサノリくんだあ!」なんて返ってくるんです。

昨今の看護師不足による弊害で、彼女の方だって私以上に疲れてるはずなのに、そういう素振りを一切見せないんですよね。
彼女の明るさにほっこりして癒される一方で、逆に私が彼女を支えられる存在にならないとって反省もしてるんです』(26歳/企画)

(2)「今日は○○行ってきたよー!」

『元カノは俺とおなじ神経質なタイプだったけど、付き合い始めた当初から喧嘩ばかりですぐに別れちゃいました。

同族嫌悪なんて言葉もあるけど、似た者同士のカップルが長続きするわけじゃないって身をもって味わったかな。
その点、いまの彼女は俺とは似ても似つかない性格だから上手くやれてるのかもしれないです。

弁護士事務所の事務員をしてる子で、たまに仕事の話を聞くとかなりお固い内容で大変そ~!って感じなんですけど、彼女、かなり天然入ってるんです。
自動ドアの前にずっと立って「けっこう待たされるね」とか平気で言うんで、エレベータじゃあるまいし壊れてるんだよって教えてあげたり。
だから仕事でミスばかりして怒られてるんじゃないの?ってよく聞くんですけど、全然そんなこと無いって言い張るんですよね。

あと、趣味は食事って言うくらい食べることが好きな子なので、食事にはうるさいんです。
昼休みに「今日は食べログ4点の蕎麦屋に行ってきたよー!」みたいな可愛いLINEが来てほっこりするんですけど、その後が怖いんです。

「4点ってほどじゃなかったな~。お店の人が自分で高評価してるのかも」とか辛辣なLINEが結構来るんで思わず笑っちゃいますよ」(30歳/企画)

(3)「○○くんにいっぱい元気分けてもらうね!」

『いまの彼女とは今までで1番長く続いてて、もう付き合いはじめてから4~5年になるのかな。

大学時代にしてたサイト監視……簡単にいうとSNSや掲示板なんかに違法な利用者が居ないか監視するバイトなんだけど、そこで知り合ったの。
広い部屋にパソコンがたくさん置いてあって、グループ毎に振り分けられたサイトをチェクするんだけど、俺と彼女は同じグループで働いててね。

ローテーションも同じだったから、帰りに一緒に飲みに行くようになって、その流れで付き合い始めたわけ。
俺は落ち込むとすぐ立ち直れないタイプなんだけど、彼女はポジティブだからそういう時に引っ張ってもらえるんだ。
ほら、周りを元気にするムードメーカーな女の子って居るでしょ?そういうタイプなんだよね。

でも本人には周りを元気にしてる自覚が無いみたいで、LINEでデートに誘うと「タクヤくんにいっぱい元気分けてもらうね!」とか言ってくるの。

だから”元気を分けてもらってるのは俺の方なのに”って内心ツッコミながらもほっこりしちゃって』(29歳/不動産)


以上、『男がほっこりする彼女からの「無邪気LINE」』をご紹介しました。
女性から無邪気な内容のLINEが送られてくると、思わずほっこりするという男性が多いみたいですね。

”こんなの私のキャラじゃない!”なんて女性も、彼氏の心を癒やすために是非ご紹介したLINEを送ってみて下さいね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (5)

恋愛jpをフォローする