ブランド品を買いすぎて破産!?男性に聞いた「ドン引きした彼女の無駄遣い」5連発!

付き合っていく内に見えてくるのが金銭感覚。
特にいずれは結婚を考えるカップにとって、お金の感覚が合う合わないはとても重要なもの。
パートナーの散財がひどいと、今後が不安になりますよね。
では男性が今までの恋愛で「ドン引きした無駄遣い」とはどのようなものなのでしょうか?

今回は、男性に聞いた「ドン引きした彼女の無駄遣い」をご紹介します。

(1)お茶代のつもりで渡したのに……

『職場の同僚と付き合っていた時のことです。
デートの約束をしていましたが仕事が終わらなかったので、彼女に1万円渡し「これ持って時間つぶしてて。余ったら返して」と待たせることにしました。
1時間しない内に仕事は終わり、彼女と合流したのですが、1万円は残っておらず、彼女は両手に買い物袋を提げてやってきて唖然。
自分はお茶か何かして待ってるものだと思ったので、人のお金を簡単に使ってしまう彼女の行動にドン引きしました』(31歳/出版)

(2)スマホゲームに課金

『ゲーマーな彼女が、10万円スマホゲームへの課金を行っていたことです。
本人は、請求が来た後に金額の大きさに驚いており、金銭面においてルーズだったことがわかりました。
その後、暫くして再び同じようなことがあって別れました』(28歳/教師)

(3)ジャニオタの彼女に…

『彼女がジャニーズのファンだとは知っていましたが、好きなグループのグッズを買い集めるのに10万円近いお金を使ったのには、さすがにドン引き。
もちろん彼女のお金なので、口に出すことはありませんが「よくそんなにお金を使えるな」と率直に思いました』(32歳/マーケティング)

(4)怪しい団体に寄付

『明らかに怪しい寄付を募ってる団体に5000円を寄付したことにドン引きしました。
頼み込まれたら断れない性格でも最低限の取捨選択はしてもらいたかったです』(25歳/企画)

(5)ブランド品を買いすぎて自己破産

『ブランド品が好きなのは知っていました。
しかし自分の収入以上に次々買い漁り、一度も使ったことのないものも多数あるのに新作が出ると、とりあえず買うことにドン引きしました。
それだけではなく借金を繰り返してまでブランド品を買い、最後は返済不能となって自己破産。
結婚する相手ではないと確信しました』(30歳/営業)


いかがでしたか?
男性は「自分で稼いだお金だから……」というのが基本スタンスですが、あまりに使い方が雑だとドン引きしてしまうようです。
金銭感覚については互いの擦り合わせが必要なようですね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする