もしかしたら”時代遅れ”かも?これからは「”婚活アプリ”での出会い」が当たり前!

こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。
マッチングアプリ、婚活サイトって使ったことありますか?

結婚を意識せず彼氏彼女が欲しいレベルの「恋活アプリ・サイト」と結婚相手に出会いたい「婚活アプリ・サイト」と結婚へのモチベーションで2タイプあります。

リクルートブライダル総研の結果では2015年は恋活サイト・アプリ利用者は8.4%。ところが2016年に20%、婚活サイト・アプリは2015年15.1%、2016年17.2%と大きく伸びました。
昭和生まれはうっかり「出会い系でしょ」と思いがちですが、もう時代は違うみたいです。

私もマッチングサイトで出会った方はご報告何人か聞いております。
「どこで知り合ったの?」という質問が不安という方の声も聴くのですが、そこで彼氏ができた方はそんな不安はなくどうどうと「ネットで」と答えている方が多いかも。
使ったところで出会えない方は出会えません。

最近は大手企業が運営していたり、Facebookアカウントで登録できるタイプもあり、料金は月々2000~4000円程度。
手軽さ、気軽さから急速に広まりました。

婚活情報サイト「まりおねっと」が2016年に337人を対象に行ったアンケート結果では
婚活サイトアプリを使ったことがある?
1位:興味はあるが使ったことはない 31%
2位:興味は全くない 20%
3位:使って会ったことはあるが交際に発展しなかった 18%
4位:使ったことはあるが実際にあっていない 16%
5位:出会って交際まで進んだことがある 15%

という結果でした。
全てのサイトではありませんが、公表している男女比は6:4ぐらいで男性が多めのところが多い印象です。

ネットで知り合ってリアルであう場合、男性は「ブスかな」ぐらいしか心配しないでしょう。
女性は「危ない人だったらどうしよう」ともっと大きく心配します。
昔からネットで出会った連れ去り事件などありますし、思わずそういったことを連想してしまうかもしれませんね。

「え、でもネットって抵抗がある」
といわないで試しに登録してみてはいかがでしょうか。
私が画期的な出来事と思ったのは今年4月の日経MJに愛×テクノロジー、名付けて「LoveTech(ラブテック)」としてマッチングサイトが紹介されておりました。
マッチングサイトで出会ったカップルが顔出しでインタビューに協力しているのです。

時代って変わるなぁ。
私がかなり若い時ですが「合コンで出会ったとか恥ずかしい」といっている同級生がいたのです。
今、そんなことを思っている人がいたらかなり自意識過剰じゃないでしょうか?

数年後、「ネットで知り合ったなんて言えない」と言う人の方が「自意識過剰だね」という時代が来るかもしれません。

【参考リンク】
リクルートブライダル総研 婚活実態調査2017

●ライター/菊乃(出会いゼロ女子の恋愛コンサル)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする