あなたは短気?それとも温厚?”心理テスト”で分かる「怒りっぽさ」診断

こんにちは。女優&ライターのmamiです。
突然ですが、あなたは自分の「怒り」にうまく対処できますか?
実は最近こんなご相談を受けました。

『彼氏に対して、すぐ腹が立ってしまいます。ご飯を残しただけでも怒りが湧いて止められません。「彼女が怒りっぽすぎる」と友達にこぼしたと聞き、それにも腹が立って彼氏に物を投げつけてしまいました。このままでは振られてしまいます』

昨今のストレス社会においては、相談者さんだけでなく、どんな人だって「怒り」に支配される危険をはらんでいます。
怒りをコントロール出来ないと、他人ばかりでなく自分をも傷つけてしまうことがあります。
今回は「怒りのセルフコントロール(創元社)」の著者で医師でもあるレッドフォード・ウィリアムズによる、あなたの「怒り」に対する対応の仕方が分かる心理テストをご紹介したいと思います。

あなたの中の「怒り」に関する心理テスト

以下の問いの答えを3つの中から選んでください。

(1)テレビや映画で暴力シーンを見たとき、あなたはどうする?

A:俳優の演技を賞賛するが、自分の問題とは感じない
B:目を背ける
C:現実では味わえないスリルを楽しむ

(2)お酒を数杯飲んだあと…

A:楽しい気分でリラックスできる
B:少し内向的になり、ふさぎこむ
C:他のときには口にしない(本心だが)皮肉なコメントをする

(3)全体として私たちの社会の、犯罪への対処はどうか?

A:ゆるすぎる
B:厳しすぎる
C:完璧な人はいないが、全体としては正義が勝っていると思う

(4)満員電車やマナーの悪い人など、日常生活のイライラに対してあなたは…

A:怒りを感じる
B:気にならない
C:一時的にいらいらする

(5)走行中に他の車に妨害されたとき、あなたは…

A:深呼吸してそのままにしておく
B:クラクションを鳴らして、威嚇的な仕草をする
C:車をぶつけられなかったのをありがたく思う

(6)頭痛、不眠、腹部の不調、高血圧などの不調に悩まされることがある?

A:めったにない
B:よくある
C:一度もない

(7)電話が繋がったとき「順番にお繋ぎいたしますので、もうしばらくお待ちください」というアナウンスが流れたら…

A:電話を切って、しばらくしてかけなおす
B:そのまま待つが、しだいにイライラしてくる
C:待っている間にメールチェックなどする

(8)次のうちどれがあなたに一番あてはまる?

A:ごく小さなことにもよく怒る。そして自分が悪いと思ってもなかなか謝れない
B:よほどのことがないと怒らない。そして怒りを爆発させたあとは少し自分を恥じる
C:怒りで我を忘れたことはない。怒りを感じても抑えることができる

(9)彼(夫)が浮気したら、おそらく…

A:周囲の人たちに、彼(夫)への怒りを訴える
B:彼(夫)に罪悪感を与え、惨めな思いをさせる
C:自分を責める

(10)親友があなたに対して怒っているが、怒られるほどの理由はないと感じているとして、あなたはおそらく…

A:とにかく謝る。憎み合う必要はない
B:原因となった事について話し合い、相手に自分の立場で考えてもらう
C:嵐が去るのを待つ

(11)怒りは愛をだめにすると思う?

A:間違いなくそうなる
B:感情を表に出すことは人間関係を助ける
C:必ずしもだめになるとは思わないが、ダメージは受ける

(12)仕事で大変だった日に、傍にいる人に八つ当たりすることがありますか?

A:誰でもそうすると思う
B:少し八つ当たりが多すぎるかもしれない
C:めったにない

採点と解説

以下の得点で計算して合計してください。
(1)Aは5点、Bは3点、Cは0点
(2)Aは5点、Bは3点、Cは0点
(3)Aは0点、Bは5点、Cは3点
(4)Aは0点、Bは5点、Cは3点
(5)Aは5点、Bは0点、Cは3点
(6)Aは3点、Bは0点、Cは5点
(7)Aは3点、Bは0点、Cは5点
(8)Aは0点、Bは5点、Cは3点
(9)Aは0点、Bは5点、Cは3点
(10)Aは0点、Bは5点、Cは3点
(11)Aは3点、Bは0点、Cは5点
(12)Aは0点、Bは3点、Cは5点

45~60ポイント=あなたは怒りの達人

あなたは「怒り」をコントロール出来る人です。
アドレナリンが放出されても爆発させることなく、むしろそれを利用して機知に富んだコメントをしたり、冷静に相手をやり込めたりして、自分の思い通りの結果を出そうとする。
怒りにうまく対処出来、怒りの使い方を間違えると害にしかならないことを知っている人。

25~44ポイント=あなたは怒りを隠している

両親の教育か、怒ることが許されない環境のせいか不明だが、怒りを抑えつける癖がついている。
怒りは発散しないでいると身体からストレスを逃がす場所がなくなってしまい、うつや不安発作を引き起こす可能性がある。
しかし、一概に怒らないから悪いということではない。
というのは大声をあげて激怒したからといって問題が解決するとは限らないから。
このタイプの人には次のことを試してみて欲しい。

・友人を信頼して相談する
・散歩などの運動を日常的に行う
・怒っていることを(声に出して)認める。

…これらは感情を解放して前に進むための第一歩になります。

24ポイント以下=怒りがよい結果につながっていない

怒りが判断力を鈍らせることが多い。
あとに残るのは、相手を征服し、破壊しようとする原始的な衝動だ。
その結果、人間関係に深刻なひびが入ることもある。
このタイプの人は以下のことを行って「怒り」のコントロールをして欲しい。

・ 「怒りの日記」をつけて、怒ったときの感覚や行動を記録し、自分の沸点を知る
・ 自分の怒りが本当に正当かどうか自問する。自己評価に手加減しない
・ 自分の力だけでどうしてもコントロールできないときは、専門家に相談する


いかがでしょうか?
レッドフォード医師は「怒り」を「あなたの心に巣食う激しい怪物」と表現しました。
なんだかお腹が痛くなりそうですけど、上手に飼い馴らすテクニックさえ身につければ怪物も恐くはありません。
                               
【参考文献】
・『自分がわかる747の質問』ロビンウェンステン・著(宝島社)
                              
●ライター/mami(女優&ライター)     

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (13)
  • うーん (10)

恋愛jpをフォローする