”髪の毛”はどこへ行った?「マッチングアプリ」で起きた危険なエピソード3選

【相談者:20代女性】
地方から都会に出て就職したため、友だちも彼氏もいません。
友だちに勧められてマッチングアプリを使おうかと悩んでいるのですが、見知らぬ男性といきなり会ったりすることに抵抗を感じています。

マッチングアプリで危険な体験をした人っているのでしょうか?

気軽に利用できて出会えるからこそ、危ないエピソードもチラホラ。

ご質問ありがとうございます。
人間観察好きの物書き、ときわひでたかです。

近ごろではとても気軽に利用できるようになった出会いアプリやマッチングアプリ。
女性が無料で利用できるものが多いため、友だちや彼氏探しに活用している人も増えているのではないでしょうか。

しかし気軽に利用できて男性と出会える分、危ないエピソードもたまに耳にします。
プロフィールをチェックし、何度かメールのやり取りをしたくらいでは、相手がどんな人なのかすべてを知ることはできません。
相手がどんな意図を持ってマッチングアプリを使っているのかも読み取れません。

ここでは無料のマッチングアプリを使って男性と会ったときに経験した、危険なエピソードを3人の女性に語ってもらいました。
アプリを利用して出会いを求める際の参考にご覧ください。

(1)結婚願望の押し付け&ストーカー行為の恐怖

『マッチングアプリではじめてマッチした男性と食事に行きました。会って早々、「結婚してくれ」ムードがすごくて、かなり威圧されました。どうやら実家の家業を継ぐにあたり、結婚して妻と一緒に継ぎたいという希望があったらしく……。私は気軽な出会いを求めていただけなのに、彼は「結婚して欲しい」の一点張り。

食事を済ませた帰り道、私の家まで送ってあげると、徒歩で付き添ってくれたのはいいものの、なかなか帰ろうとしない彼。次に会う約束を取り付けるまでは帰ろうとしない様子でした。「日にちを確認してからLINEします」と、彼を振り切ったものの、どうやら距離を置いて私の後をつけていたみたいです。振り返りはしませんでしたが、背後にはずっと彼の気配が……。

それからしつこくLINEでアプローチされました。何度断ってもLINEが入ってきたため、最終的にはブロックしました。悪い人じゃなかったのですが、結婚願望が強すぎることと、その後のストーカーまがいの行動がNGでしたね』(27歳/看護師)

マッチングアプリを使って出会う相手は、当然のように出会いを求めている男。
女性経験が少なく出会いに飢えている男は特に、少ないチャンスを確実にモノにしたいと焦っています。
そのため、1回の出会いに執着しがちなのです。

女性が気軽な気持ちでマッチングアプリを利用していたとしても、相手の男は必死の形相で利用している可能性もあります。
その温度差にミスマッチが生じると、会ったときにお互いのテンションが噛み合わないことでしょう。

男性にとっては、たくさんの女性にアプローチしても、実際に出会える機会はそんなに多くないのが現状。
出会いのチャンスを掴めるとなると、さらに必死になります。
結果的に、ストーカーまがいの行為をしてしまう男もまれにいるようです。

あなたが気軽に利用しているマッチングアプリでも、男はそうじゃない場合があることを意識して利用されることをおすすめします。

(2)SNSで徹底的に情報収集される恐怖

『マッチングアプリで知り合った男性と飲みに行くことに。私の好みをよく知ってるなぁと、最初は呑気にしゃべっていたのですが、どうやら彼は私と会うことが決まってから、SNSで私の情報を収集しまくっていたみたいです。

どの辺に住んでいるのか、どんな職場で働いているのか、休みの日は何をしているのか、よく遊びに行く場所や飲み屋とか、彼はすべてを把握しているようでした。初対面のときって、そういう個人的な話題を話しながら、相手のことを深く知っていくものですよね。彼は私と会った時点で、私のことをかなり知っていて、彼からの発せられる会話も、「休みの日はよくショッピングモール行ってるよね?」と、私を知ったうえでの内容ばかり。

気味が悪くなって途中で帰ろうと思いましたが、彼に気分を害されてしまうと、後々、何をされるか不安だったので、店が閉店し彼が満足するまでは我慢しました。その後、彼からの連絡はすべて無視していますが、今でも彼に監視されているようでトラウマになっています。マッチングアプリはそれ以来、一度も使っていません……』(26歳/販売員)

SNSに情報を投稿することで、個人情報が筒抜けになってしまう危険性はよく指摘されています。
住んでいる場所はもちろんのこと、よく訪れるスポットや交友関係、職場のことなど、SNSに投稿した情報から個人情報を特定される危険性があります。

たとえばマッチングアプリに載せているプロフィールから、SNSのアカウントを特定することもできるでしょうし、マッチングアプリで会話した内容からでもそれは可能です。
もしマッチングアプリで出会った彼から逆恨みされた場合、SNSを通じていやがらせを受けるなどの危険性も考えられます。

オンライン上にたくさんの個人情報が出回っているこの時代。
あなたの知らないどこかの誰かが、既にあなたのすべてを知っている可能性も否定できません。
そんな環境で生活していることを意識したうえで、マッチングアプリを利用するよう心がけてください。

(3)プロフィール写真詐欺と勘違いアプローチの恐怖

『プロフィール写真が爽やかでオシャレな男性だったので、会ってみようと食事の約束をしました。ところが、当日現れた彼は、年齢の割にかなりの薄毛……。どうやらプロフィール写真に、若かったころ(毛髪がフサフサだったころ)のものを載せていたみたいです。
「えっ!プロフ詐欺じゃん!」と内心で思ったものの、いきなり帰るわけにもいかず、結局、彼とお酒を飲むことに。

薄毛詐欺に遭うだけならまだしも、彼には性格的な難もあったのです。
若くして薄毛になってしまったコンプレックスが強いためか、会話のほとんどがネガティブな話題。
あと「もし結婚するなら、薄毛の男性でもいい?」的な質問がやたらと多く、途中から私も黙り込んでしまいました。

愛想笑いを続けていた私のことを、好意を持ってくれていると勘違いしたのか、彼はその日、とても満足したらしく、「次はどこに行きましょう?」と、誘いのメールが頻繁にくるようになりました。LINEをブロックしたところ、facebookのアカウントを探され、直接メッセージが送られてくることも……。何かあってからでは遅すぎると、SNSのアカウントそのものを削除して、徹底的に彼を拒みました』(25歳/商品企画)

プロフィール写真でウソをつくことは、マッチングアプリ利用のお作法に引っかかりますね。
実際に会うまでは、プロフィールの内容だけを頼りに相手のことを判断しなければなりません。
いざ会ったときにプロフィールとかけ離れた人物が登場すれば、ひどく落胆することでしょう。

プロフィール写真詐欺だけならまだしも、近ごろではSNSストーカーの存在も無視できません。
SNSのアカウントを特定し、メッセージを送り続けたり、投稿に対してコメントし続けたり、しつこいアプローチを繰り返してくる男ですね。

プロフィール写真詐欺については、運がなかったとしか言いようがありません。
マッチングアプリを利用し続けるなら、素敵な男性と出会えるまでトライしてみましょう。
ただ、SNSストーカーには注意する必要がありますね。

あなたのオンライン上の交友関係にまで影響が及ぶ可能性もあります。
運営側に通報する機能などもありますが、マッチングアプリ利用との兼ね合いを考えながら、SNSの使い方も工夫するようにしましょう。


マッチングアプリの恐怖体験が続きましたが、もちろん新しい友だちや異性との出会いが期待できるのも事実。
友だちや彼女を探すために純粋にマッチングアプリを利用している男性もたくさんいますので、その点は安心してください。
また男性側も出会いサイトの利用にあたっては、詐欺や業者が仕込んだサクラを相手に戦っているため、女性とは違った苦労をしているものです。

マッチングアプリで出会いを探すなら、メッセージをやり取りしているうちに、本当に自分が望む相手かどうかしっかりと見極めたうえで会うようにしましょう。
出会いが気軽になった分、個人情報のガードなどは堅牢にしておきたいものですね。

●ライター/ときわひでたか(人間観察専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする