”おあずけ”だよ……?男性が興奮する「寸止めキス」のシチュエーション4つ

恋人とのスキンシップの中では、とくにキスを重要視する男性が多いことをご存知でしたか?
「男をつかむなら胃袋をつかめ」なんて言われますが、キスにも料理と同じくらい男性を虜にするパワーがあるんですよ。
そして、「いつも同じパターンだな…」と彼氏をガッカリさせないために役立つキスのテクニックが「寸止めキス」なんです。

寸止めでキスを焦らされた男性はとっても興奮するので、その直後に交わすキスがとても情熱的なものになるんですよ。

そこで今回は『男性が興奮する「寸止めキス」のシチュエーション』を皆さんにご紹介しますね。

(1)唇に指を当てて「お預けだよ」

『そんな素敵なことをやられたら心を持ってかれますね……たまんねえ。GOサインが出たらすぐ飛びかかりますよ』(32歳/飲食)

寸止めキスにも色々なパターンがありますが、彼氏がM男子の場合にとっても効果的なのがこのパターンなんです。
M男子の彼氏が自分からキスを迫ってくることは少ないので、日頃は女性の方から誘ったり積極的にキスを迫る場合が多いですよね。
そのため、めずらしく彼氏からキスを迫ってきたら嬉しさのあまり簡単に受け入れる女性が多いですが、このタイプの彼氏を興奮させるには逆効果です。

M男子は女性に主導権を握られることを喜ぶので、この場合はキスを迫る彼氏の唇に指を当てて「お預けだよ」と言うのが正解です。
おあずけを食らった彼氏はショックを受けながらも大興奮するので、そのあとにキスを許可すると目の色を変えて飛びついてきますよ!

(2)唇が少し触れた時点で「やっぱりダメ」

『やきもきする感じが興奮に繋がる』(25歳/コンサル)

大好きな彼氏とのキスを断る必要はないので、彼氏の方から積極的にキスを迫ってきたら普通は受け入れますよね。
もちろん路上などの目立つ場所でキスを迫ってきたり、喧嘩中の場合などは彼氏のキスを拒否する場合がありますが、基本的には理由がないと断りませんよね。

しかし、彼氏がS男子の場合は理由がなくても少しキスを嫌がってみる方が彼氏を興奮させられるんですよ。
S男子には女性を屈服させたいという欲求があるので、簡単に自分のものにならない女性を従わせることに興奮するんです。

ですから彼氏がキスを迫ってきた時に直前で顔をそむけたり手でキスをさえぎって、「やっぱりダメ」と一回拒否しましょう。
すると彼氏は驚いたり不快そうな反応を見せますが、すぐに興奮して強引にキスを迫ってくるので、そのときにキスを許すことで普段よりも情熱的なキスになりますよ。

(3)耳元で「後でね」

『耳元で囁かれるとゾクゾクする』(29歳/不動産)

デート中や二人で部屋にいるときなどに、彼氏とのハグから自然にキスが始まるのは定番のパターンですよね。
彼氏はハグをしながらキスがOKなのか彼女の様子を見ているので、その時に顔を上向けるなどキスの姿勢を整えるとすぐに彼氏はキスを迫ってきますよね。
もちろん普段はそのままキスを楽しんで構いませんが、彼氏を焦らして興奮させたいときはこのタイミングで寸止めキスを仕掛けます。

顔を上向けてキスをおねだりした後で、その気になった彼氏をすかすように耳元に口を寄せて「後でね」と言って身体を離しましょう。
次に彼氏が強引にキスを迫るかはケースバイケースですが、その気になった瞬間に焦らされた彼氏は必ず興奮して目の色を変えますよ。

(4)ほっぺに誘導して「ほっぺ忘れてるよ」

『ほっぺにキスするように差し向けてるところが可愛いです』(31歳/商社)

彼氏を興奮させる寸止めキスのなかでも、脱力系のユーモラスな方法がこのパターンです。
デート中や部屋でまったりしているときにキスの雰囲気になったら、顔を寄せ合うところまでは普段通りの段取りで行います。
しかし、唇を重ねる寸前になってから顔をそむけて、「ほっぺ忘れてるよ」とほっぺのキスを誘導しましょう。

ほっぺを向ける女性の可愛らしさに興奮した彼氏は、軽くほっぺにキスをした後ですぐに唇に情熱的なキスをしてくれますよ。


以上、『男性が興奮する「寸止めキス」のシチュエーション』をご紹介しました。
何度も交わしているうちにマンネリになってしまうキスも、寸止めキスで焦らすことで交際当初のような甘いキスに変わるんですね。
「こんなにキスが上手な女とは別れられない…」と思う男性もいるほど、キスはカップルの関係を左右する大切なスキンシップのひとつです。

是非ご紹介した寸止めキスのテクニックを、彼氏とのラブラブな関係の維持に役立てて下さいね!

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)

恋愛jpをフォローする