”デキる男”アピールがウザい!男子が彼女につきがちな「小さなウソ」4つ

男子って自慢話が多いなってウンザリしてしまう事ってありますよね。
でもそれは好きな女の子に自分をよく見せたいという本能のようなもの。
デキる男だと見せて、オスとして認められたいんです。

好きな彼女だからこそついてしまう、ちょっと自分に自信のない男子の「小さなウソ」を4つご紹介します。

(1)自分の職業や仕事を誇張

『すごいと思われたくて、つい見栄を話や仕事の規模を絞りがち』(28歳/広告)

プライドが高いというのも男子の特徴。
たとえ自分が下っ端であろうと、そんな話は絶対彼女にはしません。

本当は上司のおかげで成功した事も「俺がいなければできなかった」なんて言ってしまいます。
職業や仕事の内容も大げさに誇張しがちです。

あまりにも現実とかけ離れていない限り、強がっている可愛いウソとして許してあげましょう。

(2)年収をサバ読み

『稼いでない男なんてダサいからね……』(30歳/営業)

結婚を前提に付き合っている場合、女性はどうしても男性の年収が気になりますよね。
経済的に厳しいと思うと将来が考えられずに別れてしまう場合も…。

そこを男性も知っているので、自分の年収が低い場合サバ読みしてウソをつく事があります。
些細な事かもしれませんが、結婚を考えているなら後々大きな問題になりますので、正しい年収は知っておいた方がトラブル回避に繋がります。

(3)睡眠時間を少なく申告

『忙しいアピールとタフな男アピールです』(32歳/SE)

これも「自分はこれほど忙しいんだ」というデキる男をアピールしています。
眠る時間がないほど自分は働いていると自慢したいんです。
もしくは眠れないほど悩んでいる、不眠だからそばにいてほしいという構ってちゃんタイプかも。

どちらにしろ、睡眠時間を少なく申告するような小さなウソをつく男子は器も小さいです。
本当にデキる男は睡眠もしっかり取ります。

(4)モテないのにモテる自慢

『需要がない男だと思われたくないから。可愛そうな目で見られたくない』(25歳/メーカー)

モテる自慢をする男子には二パターンあります。
一つは単純に自分を良く見せたいだけのナルシストタイプ。

もう一つは、気を引きたいためにウソをつくタイプです。
特に彼女にモテる自慢をする場合、他の女性に捕られるかもよとアピールしています。

本当にモテる男は自分がモテるとは言いません。
彼女にモテる自慢をするタイプは自分に自信がない人が多いので、付き合っていくならば「あなたで大丈夫」という事を伝えてあげましょう。


いかがでしたでしょうか。
男子が彼女に「小さなウソ」をつくのはどれも気を引きたいためです。
自分から離れてしまうのではないかと不安になっている時ほどウソをつきやすいので、何だか最近自慢が多くなったと感じたら彼に何か心配事があるのかもしれません。

最初は「小さなウソ」でも大きな問題に繋がる事もあります。
今後の付き合いも考えながら、男子のウソの本質を見抜けるようになってくださいね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする