あの”言葉”が引き金だった……!彼氏を浮気に走らせた「彼女の心ない一言」4つ

彼氏に浮気をされたらとてもショックですよね…。
どうして?と混乱するし、一方的に男性を責めてしまう女性が多いです。
しかし彼氏が浮気をしたのはあなたの一言のせいだったかも…?

そこで今回は、彼氏を浮気に走らせた「彼女の心ない一言」を4つご紹介します。

(1)「○○くんの方が頑張ってるよ?」

『他と比較して僕をdisるのはやめてくれ……!心に穴が空きそうだ』(26歳/IT)

男性はとてもプライドが高く、常に競争意識を持っています。
特に同性の友達や同僚と比較されるのは大嫌い。

女性からすると彼に頑張ってほしくてかけた一言も、他者と比較した言い方では逆効果になってしまいます。
自分は認められていないと感じ、甘えさせてくれる他の女性の元へ行ってしまうのです。

男性を応援したり励ます場合は基本的に褒める事が大切。
子供みたいと思うかもしれませんが、褒めて伸ばすという方針が男性には向いています。

(2)「男としてありえない」

『性別でくくるのやめてもらっていいですかね』(29歳/営業)

男性は「女々しい」と思われる事を嫌います。
最近は草食系男子が増えていますが、それでも女性には男らしいと思ってほしいのです。

「男としてありえない」という一言は彼氏として失格と言われているのと同じ。
自分が情けなくなって落ち込んでしまったり、短気な人の場合はそれだけで怒ってしまう事も。

そんな時に自分を男性として見てくれる女性が現れたらどうでしょうか?
男としてのプライドを傷付けられている時こそ男性は浮気に走りやすいです。

(3)風邪を引いた時に「また?」

『引きたくて引いてる訳じゃないのに……。ひどいよ』(24歳/飲食)

彼氏が病弱だとウンザリしてしまう事ってありますよね。

しかし男性からすると彼女に看病されるのは憧れの一つ。
自分のためにお粥を作ってくれたり、付きっきりで看病されたいという願望があるのです。

そこには男性が母親に求める甘えにも似た感情があります。

風邪を引いて体調が悪い時に「また?」と彼女に冷たくされると恋まで冷めてしまう事も。
たとえウンザリしたとしてもこの一言は飲み込んで、「大丈夫?」と優しく声をかけましょう。
体の熱が冷めるのはいいですが、恋の熱まで冷めてしまうのは辛いですよね。

(4)「優しさが足りないよね」

『自分では優しくしてるつもりなんですけどね……。どうしたらいいかわからない』(27歳/SE)

女性が思う優しさと男性が思う優しさは根本的に違います。
彼があなたを喜ばせようとした行動でも女性にとっては意味不明なんて事も…。

「何でそこ?」と思うような言動でも男性にとってはそれが優しさと思っている場合があります。
そんな時に「優しさが足りないよね」と言われると、「俺がこんなにしているのに」と反発してしまうんです。
そこへ「あなたは優しい」と甘い言葉をくれる女性が現れると、気を良くしてそっちへ走ってしまう結果になります。

男性と女性の優しさの感覚は違うのを前提に考えてみると彼の行動が分かるようになりますよ。


いかがでしたでしょうか。
女性にとっては何気ない一言でも、それが致命的となって彼が浮気に走ってしまう事はあります。
基本的に男性は傷付きやすく、弱っている時こそ他に甘えさせてくれる女性や、自分をたててくれる女性を求めてしまいます。

たった一言で関係が悪化してしまうなんて悲しいですよね。
その時の状況に合わせて、彼を思ってこその心のこもった言葉をかけるようにしましょう。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (1)

恋愛jpをフォローする