”リアクション”が大切!「可愛い恥じらい」と「ムカつく恥じらい」の違い4選

男性は女性が恥じらう姿を見るのが好きですよね。
自分の言動で恥ずかしがっている様子を見るのは男性の支配欲を満たします。

しかし、その恥じらいには二つの種類があります。
一つは可愛くてもっと愛してあげたくなるものですが、もう一つはムカついてしまって関係が悪化してしまう可能性も…。

そこで、男性から見た女性の「可愛い恥じらい」と「ムカつく恥じらい」の違いをご紹介します。

可愛い恥じらい

男性が可愛いと思う恥じらいは、実は本当の恥ずかしさとは少し違います。

実際に女性の方は恥ずかしいのですが、「嬉しいけど」という前提がないといけません。
自分がした事で恥ずかしがってるくせに実は喜んでるという部分が男心をくすぐるんです。

(1)こっちがアクションを起こしたら喜んでくれる

『可愛くリアクションしてくれるとこっちも楽しくなる。そうやってイチャイチャするのも楽しい』(27歳/IT)

小さい男の子が好きな女の子にあえて意地悪をしてしまう事ってありますよね。
実はそれは大人になってからも同じで、男性は自分のアクションで女性の反応を見たいと思っています。

特に恥じらう姿はいじらしくて、とても愛おしくなるものです。
自分の言葉で顔を赤くしたり、目をそむけたりして恥ずかしがっている姿を見ると、もっと反応が見たい!と思います。

しかしそれは喜んでくれている時に限ります。
「嬉しいけど恥ずかしい…」そんな姿を男性は可愛いと思うのです。

(2)始まってしまえばノリノリ

『なんだかんだノってくれるとこっちも安心するし盛り上がるよね』(25歳/飲食)

気になる女性や彼女を本気で嫌がらせようと思って行動する男性はいません。
不快に思われたり嫌われてしまっては意味がないので、女性が楽しんでくれていないと男性も興醒めしてしまいます。

そのため「やめてよー」など言葉では否定しつつも、男性の行為に応じてくれるような女性を可愛いと思います。
口ではそう言いながらもノリノリじゃんと気を良くして、もっと恥ずかしがらせたい!と男性も楽しい気分になるでしょう。

ムカつく恥じらい

男性が女性の恥じらう姿を可愛いと思うのは反応があってこそです。

本気で恥ずかしがって固まったり怒ってしまっては男性も困ってしまいます。
そういう女性は男性をイライラさせてムカつかせてしまうので注意です。

(1)無口になる

『ガチなやつはNG』(30歳/印刷)

恥ずかしくて何を言ったらいいか分からない時ってありますよね。
しかし、男性からすると女性が無口になってしまうと何か怒らせるような事をしてしまったのか、どうすればいいか分からなくなってしまいます。

その場が気まずくなったりすると最初は不安に思いますが、それが次第にムカつきへと変わってしまうんです。

何を言えばいいのか分からない場合も、「恥ずかしい」という言葉はちゃんと伝えましょう。
口にしなければ男性は困ってイライラするだけです。

(2)何かとぎこちない

 
『こっちはイチャイチャしたいだけなのに、それについてこれないと萎える』(32歳/塾講師)

男性は女性の反応が見たいからこそ恥ずかしがらせるようなアクションを起こします。
そのため反応がぎこちないと、恥じらう姿を見ても可愛いとは思えません。

例えばハグやキスをしても、俯いたままであったり固まった状態だと男性はただ持て余すだけです。

大げさなリアクションをする必要はありません。
恥ずかしい時は恥ずかしい、ただ素直に恥じらう姿を見せるだけで大丈夫です。


いかがでしたでしょうか。
「可愛い恥じらい」と「ムカつく恥じらい」の違いは、素直に感情が出せているかどうかです。
黙ったままであったり何も反応しないと、いくら嬉しいと思っていても相手に伝わる事はありません。

男性に伝わってから初めて可愛いと思われるんです。
恥ずかしくてなかなか応える事ができていない女性も、まずは伝える努力から始めてみてくださいね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (29)
  • うーん (91)

恋愛jpをフォローする