ただ”勇気”がないだけ?別れを告げずに「フェードアウト」する男性心理4つ

恋愛は普通、彼氏・彼女のどちらかが別れを切り出して終わりを迎えるものです。
しかし、中には別れを告げずにフェードアウトしようとする男性もいます。
どうして彼らは自然消滅で恋愛を終わらせようとするのでしょうか?

そこで今回は「別れよう」という言葉なしにフェードアウトし、音信不通になってしまう男性のホンネについてまとめました。

(1)別れを告げる勇気がない

『彼女の悲しむ顔が見たくないんです』(31歳/IT)

辛くなるのがわかっているから別れ話をなかなか切り出そうとしない男性は少なくないようです。
別れ話は話す側・聞かされる側、どちらにも精神的な負担がかかるものです。
もちろん男性も「別れよう」と切り出して話し合いをした方がいいことはわかっています。

しかしいざ彼女を目の前にすると、“別れ話をする時の重い雰囲気”を想像してしまい、別れを告げる勇気がなくなってしまうようです。

(2)面倒だから

『別れ話って絶対めんどくさくなるのが分かってるから憂鬱なんですよね』(25歳/企画)

別れ話をするのは面倒だからという理由でフェードアウトしようとする男性もいます。
別れ話を始めた途端、暴れ出したり泣きわめいたりする女性も少なからずいます。
彼女の性格を考えて「面倒なことになるのは避けたい」という思いから、何も言わずに別れようとするようです。

また「すでに気持ちがないのにわざわざ会って話をするのが面倒」と考える男性もいます。
いずれにせよ、彼から“面倒”という気持ちを持たれたら関係を修復するのは難しいでしょう。

(3)別れるかどうか迷っている

『好きではないけど嫌いじゃないし思い入れはあるから、別れたら後悔しそうなんですよね……』(30歳/商社)

別れるかどうか迷っていて、彼女に別れ話ができないというパターンもあります。
好きな気持ちはなくなったけど、別れるほど嫌いではないため、別れを切り出すことがなかなかできないのです。
この時、男性の心の中には「もう別れよう」「まだ以前のように戻れる」という気持ちが交互にやってきて葛藤しています。
彼の異変に気付いた時は「ちゃんと話し合おう」と声を掛けて、お互いの気持ちを再確認してみてはいかがでしょうか?

(4)彼女のことを傷つけたくない

『喧嘩別れしたくないし悲しむところも見たくなくて言いづらい』(26歳/広告)

最後の最後まで彼女を傷つけたくないから別れ話をしないで自然消滅を待つという男性もいます。
このタイプの男性は、できるだけ自分とのいい思い出を残したまま別れたいと思っているようです。
しかし女性側からしてみれば、連絡されずに放っておかれるのもつらいものです。

「傷つけたくない」という気持ちがありながら、つらい思いをさせていることに気づいていないのかもしれませんね。


いかがでしたか?
「別れよう」と告げずにフェードアウトしようとする男性は優柔不断で弱気なタイプが多いようです。
今の彼氏がこういったタイプに近い場合は注意しておいた方がいいでしょう。

もしも別れそうな雰囲気になった時は自分から話しを切り出した方がいいかもしれません。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする