ホント可愛い奴だなぁー!男性がメロメロになる「キスのおねだり」4選

好きな男性を目の前にすると、女性であっても「キスしたいな」というような気持ちは芽生えてしまうもの。
どうせ伝えるのであれば、男性をメロメロにしたいものですよね。

今回は男性がメロメロになる「キスのおねだり」をご紹介します。

(1)上目遣い

『そんな可愛い目で見つめられたら唇が止まりません』(31歳/広告)

女性の上目遣いが嫌いという男性はまずいません。
キスしてほしい気持ちを言葉で伝えるよりも目線で伝えることで男性をよりメロメロにすることができます。
露骨でわざとらしい上目遣いは「ぶりっ子だな」と思われてしまう可能性もあるので、できるだけ自然にするようにしましょう。

潤んだ瞳でじっと上目遣いをされて、見過ごせるような男性はいませんよ。
上目遣いだけで気づかれなければ、相手の服の裾をつかんだりしてみるのもいいかもしれません。

(2)寝たふり

『寝顔が可愛いと、こっそりキスしたくなる』(26歳/SE)

演技力が試される方法ではありますが、寝たふりをするのも効果的です。
普段は恥ずかしがってなかなかキスをしてくれないような男性でも、寝ている彼女となれば恥ずかしがらずにキスできるようです。
自分の前で安心してすやすや眠る彼女を前に、キスせずいられる男性は多くないでしょう。

彼がキスしやすいように、唇は隠さずリップクリームやグロスでつやつやにしてから寝たふりをすると、よりキスしてもらえる可能性が高まりますよ。
寝ているふりをしている時にされるキスは、きっと優しくて幸せに溢れたものになること間違いなしです。

(3)口をとがらせる

『素直なところが好き』(24歳/営業)

「素直にキスをしてほしい」とは言えないけれど、強めにアピールをしたい!
そんな時におすすめなのが唇をとがらせる方法。
彼氏の正面で、唇をとがらせてじっと見つめてみましょう。

さすがに彼女からそんなアピールをされて、何もしない男性はいませんよね。
唇をつやつやにしてから実践すると、男性もあなたの可愛さに、つい我慢できなくなってしまうこと間違いなしです。
何も言わなくともほぼ確実にキスしてもらえる、魔法の仕草です。

とはいえ可愛い表情で唇をとがらせなければ、「怒っているの?」「変顔でもしているの?」と誤解されてしまうので、注意が必要です。

(4)「ちゅー」とせがむ

『言葉で伝えてくれるのが一番分かりやすいし嬉しい。もちろん応じますよ』(32歳/コンサル)

やはり一番伝わりやすいのは、素直に「チューして」と伝えること。
「キスして」と言うよりも「チューして」と言う方が、かわいらしくて言いやすいですよね。
「キスして」と言うことが恥ずかしい場合は、「チューして」と可愛くお願いしてみましょう。

面と向かってキスをせがまれれば、さすがにそれを断る男性はいませんよね。
またキスしてほしい気持ちを素直に言葉で伝えるあなたに、男性はより一層キュンとしてしまうこと間違いなしです。

あまりにも頻繁に「チューして」とせがむと、彼氏も「面倒臭いな」と思う可能性があるので、奥の手として、たまに使うくらいがちょうどいいかもしれません。


今回は男性がメロメロになる「キスのおねだり」をご紹介しましたが、いかがでしたか?
どれも可愛く相手にキスしてほしい気持ちを伝えることができる方法ばかりなので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (9)
  • うーん (9)

恋愛jpをフォローする