もう別れよう……!男性が「彼女を見放した」瞬間4パターン

今までずっと大好きだったのに、小さなことの積み重なりで気持ちが冷めてしまう……そういうカップルはたくさんいると思います。

気持ちは冷めてるけど、ただの倦怠期かもしれないし、別れ話をするまでではない。
そう思っていても、いつも通りの生活の中でふと見切りをつける瞬間があります。

今回は、「男性が彼女を見放した瞬間」を紹介します。

(1)一緒にいて楽しくないと感じたとき

『一緒にいても楽しくないな……嬉しくないな……と思ったら潮時かな?と感じてます』(31歳/企画)

今後付き合い続けていく上で、これは致命的ですね。
生涯を共にすると決めたら、一緒にいる時間が長くなることが必然。

それなのに一緒にいても楽しくない、笑い合えないと感じた時、男性は別れを切り出すでしょう。
先のことを見据えるのなら、当然の決断だとは思いますが、楽しくないと思われて別れられるのはとても悲しいですね。
そうならないために、共通の話題や相手を飽きさせないようなコミュニケーションをとることが大切です。

(2)彼女に尽くされるのがウザいと思ったとき

『自分のために色々してくれてるのが「媚びてる」と感じたらもうダメだよね』(27歳/SE)

大抵の男性は、尽くしてくれる彼女がいたら鼻高々ですし嬉しい気持ちでいっぱいでしょう。
女性も彼が喜んでくれるからといって、一生懸命尽くしているはず。
それなのに「うざい」と感じてしまうということは、完全に気持ちが冷めてしまっているということ。

そんな状況であれば、別れようと思うのも無理はないのでしょうね。

(3)彼女からLINEがくると残念な気持ちになったとき

『彼女からのLINEなのに返信がめんどくさい』(30歳/メーカー)

彼女と離れている時でも彼女と繋がっているのが嫌になってしまったケース。
好きな相手であれば、大抵の人は連絡を取りたがるもの。
そうでない、むしろ気持ちが冷めて自分の眼中にない彼女から連絡が来た時、既読もつけずに放置してしまうでしょう。

(4)彼女といない時間が快適だと思ったとき

『1人の時間が楽しいと、今自分に足りてないのはこれなのかな……とかんがえる』(26歳/IT)

一人の時間や友達を遊んでいる時が楽しくて、彼女といると窮屈だと思ってしまうと、彼女というしがらみを断ち切りたくなってしまいます。
男性は基本、縛られるのが嫌な生き物。
彼女もいない、何をしても文句を言われず自由に行動できる状況に憧れて、彼女との別れを選ぶこともあります。


どちらか一方的に気持ちが冷めているというのはとても悲しいことですね。
男性にここまで思われてしまえば、その仲を修復するというのは簡単なことではありません。
もし冷められて見放されてしまうようなことがあれば、潔く身を引くのも選択肢の一つですよ。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (7)
  • うーん (20)

恋愛jpをフォローする