最後は「ありがとう」で終わる!彼氏と”綺麗に別れる”ための作法4つ

一度は大好きになった人と別れを考えるとき、なかなか言い出しにくいですよね。
憎しみあって別れるなんて、悲しくなってしまいます。

今回は、彼氏と綺麗に別れるために必要なことを紹介していきます。

(1)よく話し合う

『何で別れたいのか納得のいく説明がないと遺恨が残るよね』(28歳/広告)

まずは、よく話し合うことが大事です。
別れ話を切り出された側は、急な出来事になるので、納得するまで時間がかかります。
彼氏に納得してもらわなければ、後に面倒なことになることもあります。

しかし話し合うからと言って、復縁の期待をさせるような話し合いではいけません。
悪者になる覚悟で、ハッキリと理由を告げましょう。
ただしヒートアップしてケンカになるようでは、しこりが残ってしまいます。
相手に納得してもらうよう、話し合うことが大事なのです。

(2)SNSのフォローは外す

『元恋人のSNSは精神衛生にホント良くないし、勝手に恨みが募っていくから外した方がいいよ』(32歳/IT)

別れた相手のSNSのフォローは外した方が良いでしょう。
SNSを見ると、行動が全て筒抜けになってしまいます。
例えば新しい彼氏ができた情報などは、別れた彼氏は見たくありませんよね。

別れた後のお互いの行動は、知らない方が良いのです。
また、相手に未練が残っている場合は、最悪なケースではストーカーになる場合もあります。
円満に友達として付き合っていくことができるのであれば良いですが、それ以外では、SNSのフォローは外しておいたほうが良いです。

(3)相手を恨まない

『執着が残るとお互いに苦しいだけだから、リスタートの邪魔にならないような別れ方がいいよね』(26歳/美容師)

どんなに彼氏のことが嫌で別れたくなったとしても、相手を恨まないことが大切です。
恨んだまま別れてしまうと、相手にも自分にも執着が残ってしまいます。
それでは、本当に別れたことにはなりません。

また相手を傷つけるような言葉を最後に言うのも良くありません。
相手が嫌な思いのまま別れると、綺麗な別れはできません。
彼氏を責めるようなことは言わず、相手の主張を受け入れる覚悟で話し合いをしましょう。

(4)最後に「ありがとう」と伝える

『ありがとうには不思議な力があると思う。ありがとうで終わった恋はいい思い出になりやすいね』(27歳/メーカー)

綺麗にお別れするには、最後に「ありがとう」と伝えましょう。
いくら嫌いになったとしても、最初は好きでお付き合いを始めましたよね。
それまでのたくさんの楽しかった想い出もあるはずです。
今まで一緒にいてくれたことに、「ありがとう」と伝えましょう。

これは、お互いが後になっても良い想い出となります。
お互いが憎しみあって別れると、良かった想い出までなかったことになってしまいます。
一度は好きになった人なので、その感謝は伝えましょう。


別れを切り出すほうもツライですが、別れを切り出されるほうはもっとツライのです。
そこは、相手の心を大事にすることが大切です。
一方的な話をして、憎しみあって別れるのは、お互いツライですよね。

また、最悪な別れ方をした場合、相手がストーカーになってしまうなど、後で面倒なことが起こってしまいます。
綺麗に別れることができれば一番良いですよね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)

恋愛jpをフォローする