今夜は僕と一緒にいて…!彼に「帰らせたくない」と思わせる彼女の行動5つ

大好きな彼とのデート帰り。
「まだ離れたくない」「もう少し一緒にいたい」と思ってもどうすればいいかわからない、なんてことありませんか?
こんな時は彼にも同じ気持ちになってほしいですよね。

そこで今回は、彼に「帰らせたくない」と思わせる彼女の行動についてまとめました。

(1)寂しそうな表情で見つめる

『チワワみたいな顔で見つめられたら帰ろうにも帰れない……家に連れていきたくなる』(28歳/広告)

デート帰りに寂しそうな表情で彼を見つめ、「あっという間だったな…」などとつぶやくと、男性は思わず「帰らせたくない」という気持ちになるものです。
彼女が切なさそうにしている様子を見て、感情を動かされない男性はいません。
「まだ一緒にいたい」と直接言いづらい時は、表情やちょっとした仕草でアピールすると効果的ですよ。

(2)ボディタッチでアピール

『いつもよりボディタッチが多いと誘われてるのかな?とムラムラしてくる』(26歳/企画)
多くの男性は女性からのちょっとしたボディタッチでも気持ちが舞い上がるものです。
彼女からのボディタッチとなれば、なおさら反応するはず。
会話中にじゃれあったり、歩いている時に彼の服を引っ張ったりして、いつもより多めにボディタッチしてみるといいでしょう。

彼女からボディタッチされるうちに彼の気持ちも盛り上がってきて、「帰らせたくない」と思うはずですよ。

(3)とにかく笑顔でいる

『自分と一緒にいて楽しそうにしてもらえるのは嬉しいです』(24歳/金融)

笑顔は女性の武器であり大きな魅力です。
そばにいる女性が笑ってくれれば、男性は「もっと話したい」「もっと一緒にいたい」と思うものです。
デート中、いつもよりニコニコしていれば彼も楽しくなって離れたくなくなるはず。

ポイントは無理やり笑顔を作らないことです。
男性は女性の自然な笑顔に惹かれるものなので、鏡の前でこっそり練習しておくといいでしょう。

(4)すんなり別れてみる

『さっぱり帰られると寂しくなって引き留めたくなる』(28歳/広告)

あえてちょっと突き放してみるのも彼に「帰らせたくない」と思わせる方法の一つです。
デート中は楽しそうにしていたのに別れ際があっさりだと、男性は「なにか悪いことしたかな?」と動揺して、思わず引き止めたくなるようです。
少し変わった方法でいつもうまくいくとは限りませんが、テクニックの一つとして頭に入れておくと、いざという時に役立つかもしれませんよ。

(5)ストレートに言う

『ストレートに言われるのが一番心に響く』(29歳/人事)

ここまで紹介した方法で彼の気持ちが動かないのであれば、「帰りたくない」とストレートに言うのもいいでしょう。
ストレートに言葉にして表せば、どんな鈍感な彼にも伝わるはずです。
また、彼女から「帰りたくない」と言われて嫌な気持ちになる男性はいません。

思いきってストレートに気持ちを伝えると、彼もあなたと同じ気持ちになってくれるかも。


いかがでしたか?
彼に「帰らせたくない」と思わせるためには、彼の気持ちを動かす必要があります。
演技にはならないように注意して、彼を刺激してみてくださいね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (1)

恋愛jpをフォローする