全く趣味が合わない恋人とのデートで気をつけるべきこと

【相談者:20代女性】
私には付き合っている彼がいるのですが、彼の趣味は私の興味のないことばかりで、一緒にいても2人ですることがありません。このまま付き合っていてもいいのか悩んでしまいます。

qa_a 趣味が違っても大丈夫! でも否定だけはNGです。

ご質問ありがとうございます。恋愛小説専門家の倉本真帆です。

130318monkuramoto

アドバイスを小説風に仕立ててみましたので、ご覧ください。


 亜美は何度目かのため息をついた。

 「幸せが逃げるわよ」

 テーブルの向かいに座る裕子がにやっと笑って言う。

 「今が幸せかどうかもよくわからないもの」

 「そう言っていられるうちは、幸せだと思うけどなぁ」

 にぎわうカフェで友達と談笑……と言いたいところだが、お財布がピンチなのでチェーンのファミリーレストランでふたりは向き合っている。

 「それで? 相談というか、なにを愚痴りたいのかな?」

 パスタをフォークにくるくると巻きながら、裕子が問いかける。

 「今付き合ってる彼とのことなんだけど、なんかね……趣味が合わないっていうか」

 「趣味なんてみんなそれぞれあるものじゃない」

 「うん、そうなんだけど。でも一緒にいてもふたりですることがないって、どう思う?」

 「んー、そうねぇ……」

 少し考えて、裕子は

 「でもそんなものじゃない? 一緒にいて、お互い好きなことできる関係って、ある意味理想だと思うけど」

 「そうかもしれないけど。でも彼の好きなことに興味が持てないと、他に気の合う子見つけて離れていかないか心配っていうのもあって……」

 「なるほどね。まぁ、それも一理ある、かな」

 裕子はお冷に手を伸ばし、ひとくち飲んだ。

 「亜美は、彼の興味があることには、まったく関心を持てないの?」

 「あんまり、かなぁ」

 「そっか。えっと、私の話になるけど、ちょっといい?」

 「うん?」

 「私もね、前に付き合ってた人で、興味があることが全然合わない人がいたの」

 裕子はその当時の様子を話し、亜美と同じような気持ちを経験していたことを語った。

 「でね、結局別れちゃったんだけど、相手の興味があることに関心が持てるかどうかって、長続きするかどうかに結構関わってくるんじゃないかなって思った」

 「価値観の違い、っていうこと?」

 「それもあるかもしれない。でも、別に好きにならなくてもいいと思うの。ただ、どうでもいいとか否定するとか、そういう風になったら、もう一緒にいるのは難しいかなって思う」

 「関心を持てるかどうか、かぁ」

 「それは相手を理解しようとすることにつながるじゃない? そういう姿勢でいることが大事だと思うな」


いかがでしたか?

ポイントは、「趣味は違ってもいいから、相手の好きなことにも関心を持つこと」です。

趣味を否定することは絶対にしてはいけないことです。自分の興味がなかったものでも、「どうしてそれが好きなの?」「どういうところが魅力的なの?」といった姿勢を見せてあげてください。それだけでも、理解しようとしてくれていると感じられて、ふたりの距離が近くなると思いますよ。

【関連コラム】
「彼女と趣味は合いますか?」男たちの本音集
男にとって「共通の趣味がある女友達」は恋人候補じゃない?

●ライター/倉本真帆(恋愛小説専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする