愛される伝え方~メールが来ない時の対処法~

こんにちは。「愛され体質」を専門とする恋愛作家、片瀬萩乃です。

さて、前回の相談で「付き合ってから連絡が減った」と言う相談をいただきました。そこでは、彼がどうして連絡が減ってしまうのかをお話ししました。

彼の連絡が減ってしまうのは、嫌いになったからでも飽きたからでもありません。愛されていることを実感できたから、ありのままの自分になっただけなのです。

とは言うものの、付き合った時とおなじくらい連絡がほしい! と思うのが女心。いつだってコミュニケーションをとりたいと思って当然です。

ですが、「どうしてメールの返事くれないのよ!」「他に好きな人が出来たのね!」なんて責めるのはお門違い。ただ連絡不精なだけなのに「くれくれ」をせがまれると、それこそ気持ちが萎えていき、それこそ他の人に心が動いたり、より連絡が億劫になってしまうものです。

そうならないために、大切なことがあります。

『感謝』+『気持ち』

そのあとに、

『謝罪』+『お願い』

この組み合わせで彼に気持ちを伝えるだけで、より彼に自分の気持ちが伝わりやすくなります。

まず『感謝』+『気持ち』

彼とは今までたくさんのメールのやり取りをしてきましたよね。

その中で保存したメール。保存はしてないけど心に残ってる嬉しかったメール。メールではなくても、あのときくれた電話で、自分の気持ちが穏やかになれた……等。

もっともっと彼を好きになることが出来たメールや電話のエピソードを彼に教えてあげて。

前回も言いましたが、男にとって基本的に携帯は連絡手段のツールにすぎません。たかが携帯をされど携帯と思わせるエピソードを彼に伝えます。

「誕生日にくれたメール、すっごく嬉しかったから今でも残してるんだよ。あのメールであなたを好きになったの。ありがとね」

男は、好きな女の喜ぶ顔が何よりものごちそうです。

ただの連絡手段としてしか考えていなかった携帯なのに、彼女がこんなにも喜んでくれると知ったとき、男の気持ちが変わります。

しかし、気持ちが変わっても行動に移すかどうか…解りません(笑)。

だからこそ、『謝罪』+『お願い』が必要なのです

「私メール送るの好きだから、いつもたくさんメール送ってごめんね。全部のメールに返事しようとか、無理しなくて良いよ。ただ時間あるときで良いからメールくれると嬉しいな」

もちろん、劇的に変化するとは限りません。でもね、大切なことは「あなたのメールがこんなにも嬉しい」を知ってもらうこと。その上で彼の無理のない程度にメールが欲しい気持ちを伝えることなんです。

そうすれば、彼が義務感抜きでメールをくれるようになります。

ただ1つだけ注意点!

あなた自身、期待を込めてメールをするのではなく、期待半分でメールをすること。彼はあなたの恋人であっても、あなたの欲求を満たすコマではないのだから、あなた自身も彼の気持ちを理解する姿勢が大切なんですよ。

●ライター/片瀬萩乃(しあわせ体質専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (6)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする