ホワイトデーのお返しをおねだりする方法

【相談者:20代女性】
先月のバレンタインに、気になる男性にチョコレートをプレゼントしました。もうすぐホワイトデーがきますが、なにも言われないので不安です。結果がだめでも、せめて記念になにかもらえたらと思うのですが、どうしたらいいでしょうか

qa_a自分の欲しいものをさりげなく伝え、相手が選びやすいようにしてあげましょう。

ご質問ありがとうございます。恋愛小説専門家の倉本真帆です。

アドバイスを小説仕立てにしてみました。どうぞお読みください。

130311

 「今日もメールは、なし……か」

 「どうしたの?」

 ため息をついて携帯をテーブルに置いた奈々子に、さくらが問いかける。

 「バレンタイン、渡すのはなんとかできたんだけど、ね」

 「そっか、もうすぐホワイトデーだもんね」

 「そうなの。もうね、結果はだめでもいいから、なにかお返しだけでも記念にもらえたらいいかなって思ってるんだけど」

 「それすらもらえないんじゃないか……ってことか」

 そうなのよ、と奈々子はまたため息をつく。

 「こっちから言えばいいじゃない」

 さくらは事もなげに言い、テーブルのウーロン茶に手を伸ばす。

 「うざいって思われない?」

 「軽く言えば平気よう」

 ごくごくと飲み、ふぅ、と息をつく。

 そして、たとえばね、と切り出す。

 「こっちからメールで、『もうすぐホワイトデーだね。期待しちゃってるから(笑)!』って冗談でおねだりしちゃうとか」

 「本気だって思われないようにするのがポイントになりそうね」

 「一緒にショッピングとか行ける感じだったら、お店見ながら『あ、これホワイトデーにもらえたらすごく嬉しい!』とかって言えたりするんだけどねぇ」

 さくらが言うと、奈々子は腕を組み、それは難しいかなとこたえた。

 「そうよね」

 とさくらが言い、ふと思いついたように言い足す。

 「奈々子は記念にもらえたらいいなって思ってるのよね?」

 「うん、もう無理って思うから、せめてなにか、ね」

 そっかそっか、と頷き、さくらは、

 「だったら、『ホワイトデー、なくならないものがお返しだと嬉しいな。普段使えるものだと余計嬉しい♪ ……色気なさすぎ(笑)?』とか」

 「アクセサリーは無理でも、ハンカチとかでもいいしね。うん、たしかに残るものをプレゼントしてもらえるんだったら、すごく嬉しいな」

 奈々子も納得だった。

 「ほら、そうと決まったらメールこっちから打っちゃえ! 向こうにもちょっとはプレゼント探し悩んでもらわないとね」

 そうだね、と笑って、奈々子はテーブルに置いた携帯に手を伸ばす。


いかがでしたか? ポイントは、相手にプレッシャーを与えすぎないように、軽くおねだりをすることです。

そのときには、自分の欲しいものを相手に伝えて、相手が選ぶ範囲を狭めてあげましょう。どんなものが欲しいのかわかるだけで、プレゼントを選ぶハードルが下がります。

そして、相手が選んでくれたものには、その場で喜びを表現してあげましょう。その後に使っている様子を見せてあげると、より効果的です。

●ライター/倉本真帆(恋愛小説専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする