何度も同じ武勇伝を語ってくる彼氏への対処法

【相談者:20代女性】
彼氏が、昔の武勇伝とか、しかも前にもう聞いたことある話を、何回もしてくるんです。たぶん自分が誰に何を話したか覚えてないんだと思います……。彼のことは好きなんで、いつもちゃんと聞いてあげてるんですが、やっぱり疲れます! どうすればいいですか

qa_a みなさんも気をつけてください!

手前が秋田で、奥が辻。撮影/大崎えりや

手前が秋田で、奥が辻。撮影/大崎えりや

秋田:これ耳が痛い方多いんじゃないですか?

辻:武勇伝がない俺にはわからない話だ。

秋田:相変わらず残念だなお前は……。

辻:でもこういうのって男友達と喋っててもよくある。

秋田:大学時代にいたよな、武勇伝じゃないけど、地元の友達の話ばっかしてくる奴。

辻:いたいた。

秋田:「地元の佐藤ってやつがさー」とか、いやいや知らんがな!

辻:まあいいじゃない、そんな怒らなくても。

秋田:しまいにはそのうち、「ほら、お前も知ってるあの佐藤がさー」とか言って、いつの間にかそいつの中で俺と佐藤が知り合いみたいになってるし!

辻:おもしろいじゃん(笑)

秋田:しかも相談者さんの彼氏と同じで、佐藤の同じエピソードを何回も話してくるんだよ! 目をキラキラさせてよお!

辻:わかったから! 帰って来い!

秋田:すまん、過去の悪夢がよみがえってきて……。

辻:大げさ! ていうか、彼氏、つまり好きな人の話だったら、昔の武勇伝も楽しく聞けるんじゃないの?

秋田:いやそれがよ、付き合いたての頃はいいよ、アバターもえくぼって言うぐらいですから。

辻:“あばた”な。

秋田:でも同じ武勇伝聞かされつづけるんだぞ! 半年もしたら絶対イライラしかしなくなるから!

辻:それはそうか……。

秋田:しかも相手は自分が前に話したことを忘れてるわけだから、こっちに新鮮なリアクションを求めてくるわけですよ! あー! もう耐えられない! やめてくれー!

辻:……感情移入がすごい。

お喋りマシーンは放置!

秋田:こういう人は話すのに夢中で、こっちが何考えてるか気にしてないんですよ。

辻:ふむ。

秋田:だから、無理に合わせて「へーすごーい」とか言ってると、そりゃもういつまでも喋り続ける!

辻:じゃあどうすりゃいいのさ?

秋田:リアクションとらずに、ボーっとしてていいんですよ実は!

辻:えー。

秋田:あいつらバカだから、そうやっても5分ぐらいは勝手に喋ってるから。

辻:嘘ー!

秋田:5分後ぐらいにやっと気付いて、「あれ、俺の話つまんない?」とか言ってくるから。

辻:面倒くさい!

秋田:そしたら一発! 「ごめん、考え事してた」

辻:要は、聞いてなかったってことよね。

秋田:そうそう、でも考え事って言えば向こうも何も言えないだろ。ちなみに、「その話、もう3回目なんだもん……。」て言えちゃうのがいいんだけど、なかなか気遣って言えないからな。

辻:「考え事してた」の方が失礼な気がするが……。

秋田:痛いカップルになるのに抵抗がない方だったら「もうその話聞くの3回目だよ、まーくんたら♪プンプン♪」とかやっとけばいいと思うけど。

辻:まーくんて誰!

秋田:とにかくね、散々言ってきたけど、男なんて基本的に自分の武勇伝、自慢を女子にすごいすごいって聞いてもらいたい生き物なんですよ。

辻:あら、じゃあ秋田も?

秋田:もちろん! それを自覚してるからこそ、やり過ぎないように気をつけなきゃならんのです!  この彼氏はまだまだ子ども! 相談者さん、彼氏に対するイライラは、ぬいぐるみなどにぶつけてくださいね!

辻:いや何のアドバイスだよ!

●ライター/プラスガンマ(お笑い専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする