多忙な男にモテる?「オタク女子」と相性抜群な男子5タイプ

【相談者:20代女性】

某アイドルを追っかけて9年になるオタク女子です。
私は追っかけに夢中になりすぎるあまり、ここ何年も彼氏どころかまともな恋愛すらできていません。

友達からは「同じアイドル好きな男と付き合えば良いじゃん」と言われますが、自分的に同じ趣味の相手は嫌なのです。
だって同じアイドル好きだと追っかけに対する価値観や方向性の違いで揉めそうじゃないですか。

こんな私には一体どのような男性が合っているのでしょうか。

相手を思いつつ、お互いの生活や価値観を尊重し合える男性を探しましょう。

ご質問ありがとうございます。
コラムニストのLISAです。

一言でオタクと言っても、そこには様々な分野が存在します。
アイドル、アニメ、ゲーム、コスプレ、鉄道、歴史……と、あげだしたらきりがないほど、日本におけるオタク文化は幅広く浸透しているのです。
きっと相談者様のようにひとつの分野に夢中になり、毎日の生活が充実しているオタク女子の方も多いのではないでしょうか。

そんなオタク女子にとって同じ趣味を持つ男性は、一見相性抜群の相手に思えるかもしれません。
しかし中には、同じ趣味であるからこそ小さな価値観や考え方の違いが気になり、うまくいかない場合もあるのです。

では同じ趣味を持つ男性が恋愛対象外であるオタク女子は、どのような男性とお付き合いすべきなのでしょうか。

今回は20~30代の独身男女の方々からお伺いした話に基づき、オタク女子との相性が良い男性のタイプを5つご紹介します。

(1)外国人男性

『外国人男性って結構日本の漫画とかアニメに詳しいんですよね。それに彼らはオタク=恥ずかしいという概念がないから、オタク女子だとわかっても笑顔で受け入れてくれます。今もオタク友達として連絡を取り合っている外国人男性が何人かいますが、中にはイイ感じの関係になっている人もいますよ』(23歳/飲食店店員)

昨今、海外の一部では日本の漫画、アニメ、コスプレなどの文化が大きなブームとなっています。
そのため外国人男性から見て日本のオタク女子は、気の合う相手であると同時にオタク趣味における先輩的存在でもあるのです。
きっと彼らなら、オタク女子というだけであなたに好意を抱いてくれることでしょう。

(2)リア充男子

『歴女ですが今付き合っている彼氏はかなりのリア充男子です。友達からは不釣り合いなんて言われることもありますけど、意外と相性が良いんですよ。まず何と言っても彼が私のオタク趣味に関心を持たない部分が一番楽ですね。「ちょっと歴史に詳しい女」程度にしか思っていないようで、特に余計な口を挟んでくることはありません。これまでの彼氏はオタクってだけで引いたり理解に苦しんだりする人ばかりだったので、今の彼との関係は本当に心地良いです』(26歳/事務)

一見、相性が良いとは思えないオタク女子とリア充男子。
しかし正反対のタイプであるからこそ、お互いに干渉しすぎず、適度な距離で良好な関係を築けるのです。
「いくら彼氏でもオタク趣味には口を挟まれたくない!」という女子にとって、リア充男子はまさに理想の相手であると言えるのではないでしょうか。

(3)旅好き男子

『旅行が趣味の僕と鉄道オタクの彼女はかなり相性ばっちりですよ。とりあえず電車移動というルールさえ守っていれば、日本全国どこにでも旅行に付き合ってくれるんです』(34歳/SE)

歴史、鉄道、カメラなどが趣味であるオタク女子は、様々な場所へと足を運ぶ必要があるため行動力があります。
中には趣味のために日本各地をかけ回る人だっているでしょう。
そのようなオタク女子と旅好き男子であれば、一緒にいろんな場所へと出かけることができます。

目的は違えども、ふたりで楽しい思い出をたくさんつくることができるのです。

(4)無関心男子

『私の彼は良い意味で他人に無関心な人です。たとえ彼女であろうが、むだに執着したり束縛したりしません。だからこそ私もオタク趣味に全力を注げるんです!』(30歳/営業)

束縛が激しい男性や価値観を押しつける男性が彼氏であると「そんなに趣味が大切?」「僕には理解できない」と一方的に気持ちをぶつけられる可能性があります。
その点、他人に無関心な男性はたとえ相手が彼女であろうと、基本的に自由にさせてくれます。
オタク趣味が生活の中心となっている女性にとっては、まさに理解力のある最高のパートナーではないでしょうか。

(5)超多忙男子

『彼女がいわゆるアイドルオタクってやつです。正直、第一印象ではかなり引いていたんですけど、いざ付き合ってみるとかなり相性が良いですね。特に僕のように仕事が忙しい男って、彼女から「たまには構ってよ」とワガママを言われるのが一番つらいんですよ。その点、今の彼女はライブやイベントで常に全国各地を駆け回っているから、仕事で会えなくても文句を言いません。逆に僕が放っておかれすぎてたまに嫉妬してしまうくらいですよ(笑)』(32歳/営業)

仕事やプライベートの予定が多忙な男性は、その多忙さを彼女から責められることを嫌います。
「仕事と私どっちが大切なの?」「たまには私との時間もつくってよ」という一言に苛立ちを感じることだってあるのです。
そんな彼らにとって自分同様、(オタク趣味で)多忙な女性は相性が良い相手でもあります。

彼とのすれ違いに注意さえしていれば、お互いが自分の生活を充実させつつも良好な関係が築けるのではないでしょうか。


相手を思いながらも、お互いの生活や価値観を尊重し合える。
そのような男性こそオタク女子との相性が良く、長く交際を続けられる相手でもあるのです。

そんな男性と出会うためにも、まずは自分から相手を受け入れる姿勢を見せるようにしましょう。
そしてオタク趣味と恋愛の両立がうまく実現できれば、これまで以上に毎日の生活も充実したものになるはずです。

●ライター/LISA(女ゴコロ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする