あなたは肉派?野菜派?”バーベキューの行動”で分かる「SM度」診断

こんにちは。心理カウンセラーのSAYURIです。
2017年、今年は曜日の並びが良くて夏季休暇が長い人も多いはず。
久しぶりの友人や気の置けない仲間と一緒にわいわいバーベキュー!盛り上がりますよね。

そこで今回はバーベキューの食べ方でわかるあなたの隠れた願望?本性が分かる心理テストをご紹介します。

今日は仲間でバーベキュー

みんなボーナスも出たばかりだし、いつもより奮発して高級牛肉を準備してのバーベキューです。
あなたは肉と野菜、どんな比率で食べますか?

(1)肉!肉!肉! とにかく肉を食べまくる!
(2)肉!野菜!肉! 少しは野菜も食べないと……。
(3)野菜、肉、野菜 本当はもっとお肉食べたいけど周囲に気を遣う。
(4)野菜、野菜、野菜 肉は焼くだけで食べるのは野菜で我慢してしまう。

バーベキューの食べ方でわかるあなたのSM度

食べるという行為は性行為に共通すると言われています。
そこで何人かでシェアをして食べるバーベキューでは、よほど意識していない限り人によって食べるものに偏りが出てしまいます。
アルコールがそこに加わると更に隠れた本性が見えることも。

(1)とにかく肉を食べまくるあなたは根っからのドSタイプ

バーベキューで1番満足度を満たしてくれるメイン食材である肉を食べまくるという人は、仮に遠慮して肉を食べない人が視界に入っても優越感や心地よささえ感じるドS
見方を変えると周囲からの批判を期待するM的要素もあるようにも見えますが、仮に批判されても「これが私ですけど何か?」と気にも留めないでしょう。

(2)ちょこっと野菜を挟むあなたは隠れSタイプ

本当はメイン食材である高級牛肉だけを食べ続けたいのに、なんとなく空気を読んでちょこっと野菜を食べるあなたは、潔くドSを認めることのできない隠れS。
ベッドでも激しいS行為はしないけどちょっと意地悪なことをしては、相手の反応を楽しむタイプでしょう。

(3)野菜の間にちょいちょい肉を食べるあなたはほんのりMタイプ

日本人女性に多いのがこのタイプ。
喜びの象徴である肉をできるだけ我慢して、もどかしさを楽しんでいます。
そしてもどかしさが限界まできたところで肉を食べて「やっぱりお肉美味しい!」と喜びを感じる。

ベッドでもやられっぱなしは嫌で時折、攻撃にでることを楽しむタイプでしょう。

(4)肉は焼くだけで食べないひとり我慢大会が好きなドMタイプ

美味しそうに高級牛肉を食べる人を見ながら、自分は我慢して野菜ばかりを食べるあなたは、快感をお預けされて喜ぶドM
でも周囲に野菜ばかりを食べているのがバレて優しく声をかけられると、我慢している快感が半減してしまうので肉を焼くことでカモフラージュします。
ベッドでもジラされたり我慢したりすることに快感を覚えるドMタイプだと言えるでしょう。

いかがでしょうか。
自分のチェックだけでなくこっそり気になる人の食べ方をチェックしてみるもの面白いかもしれませんね。

【参考文献】
・『本当は怖い心理学』齊籐勇・著(株式会社イーストプレス)

●ライター/SAYURI(トータルヘルスナビゲーター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (3)

恋愛jpをフォローする