これってマリッジブルー!? どこか物足りない彼と結婚して幸せになるための心構え

【相談者:30代女性】
今年結婚する予定の婚約者がいます。彼は見た目は良くありませんが、性格がよく、温和で年収もあり、私を大切にしてくれます。幸せですが、「何か違う」ような気がしていることも事実です。友人達の大恋愛の末ゴールインの話や、ドラマチックなプロポーズの話を聞くと正直羨ましいです。

彼はおっとりした性格なので、私が言わないと式場の打ち合わせなどにも積極的に動かないのです。情熱がないと言いますか……。ひとりの男性ではなく、もう家族のような気持ちになっていて少し物足りないのです。

a 愛が尊敬に変わっただけでは?「特に不満がない」ことが不満なのでは……。

こんにちは。ライターのたえなかすずです。

いいと思います。大切にされるということが、結婚生活において一番だと思います。愛されていると、穏やかでいられます。お相手のことを尊敬してらっしゃいますよね。

結婚生活って、最終的には尊敬できるかどうかが重要だと私は思っています。長い結婚生活ですから。

それと、「見た目は良くない」とありますが、これは「好みではない」という意味でしょうか。好みではなくても生理的に受け入れることが出来るのなら、問題はないと思います。夫婦生活も大事です。

マリッジブルーなのですね。お友達のプロポーズの話は、真に受けなくてもいいと思います。誰にでも、結婚にいたるまで小さな争いはなんだかんだと普通はありますよ。お友達はそれを省いて、ちょっとドラマチックに脚色して話しているのかもしれないです。

そして、結婚式場や結婚の準備は、男性は一般的に疎いと思います。大部分は女性のほうが詳しいです。私の知人も、だいたい女性が主導権を握っていたなぁと。男性は、結婚式のことは腰が重いものだと思っちゃいましょうよ。逆に、「ノリノリな男ってまるで女の子みたいだもんね。彼って男らしいな」と思えば、そんなに悲観的にならないのでは。

130228suzu

準備の主導権が握れると言うことは、好きにコーディネートできると言うことだと思います。自分の意見が取り入れられるなんて、楽しいじゃないですか。嫌がっているわけではないし、女性ほどイベントに興味が無いから進め方がわからない。だから、貴女におまかせしているのではないでしょうか。きっと当日、貴女がうれしそうにしているのを見て彼は喜んでくれると思いますよ。結婚式なんて、女性が楽しくて挙げるものですから。

本当に心から、「彼が腰が重くて嫌、貴方がすすんでやってよ!」と腹が立つのなら、話し合ったほうがいいと思います。そこで気づいてくれると思いますし、その対処の仕方でなにかが分かるかもしれません。

もう家族の一員になっているということですが、しばらくしたら家族になるのです。結婚はそう言うものだと思います。結婚は日常の繰り返しです。恋愛は非日常、結婚は日常ですよね。

恋愛ではなく、結婚がしたいのですよね

どうしても貴女に、「一生ドキドキしていたい! 刺激的に暮らしたい!」というような希望があるのなら別ですが、そんなものは疲れるだけで、心が休まりません。きっと、始終ドキドキするする人と結婚したら本能では幸せなんでしょうけれど、不安で苦しくなったり情緒的には問題が発生しそうですよね。

「嫌いな部分がない」ことが一番重要な気がします。長く一緒にいることを思えば、安心感が大事ですよね。ずっとずっとときめいている夫婦は珍しいと思います。

ときめきが欲しいなら、本能のおもむくまま行動して結婚すればいいのです。財力や性格の相性は、あまり期待できないかもしれないですが。ときめきがないのなら、他で満たされるものがあればそれで妥協。と言うとおかしな言い方ですが、納得しましょう。

私はただの貴女のマリッジブルーの気がしています

「本当にこの人でいいのかな」と思ったのなら、ご両親に聞いてみるのがいいと思います。子どもの結婚相手に対する洞察力は正しいと思います。親の目は鋭いですから。

ただ、本当に迷って逃げ出したくなったのなら、いったん白紙に戻したほうがいいかもしれませんね。結婚後、お相手ではなく貴女が何か問題を起こすことになったら困ります。

とにかく、「プロポーズがロマンチックでなくて不満」という程度の話なら、結婚式でプロポーズとかどうでしょう。演出の一環としてなら、そんな恥ずかしくないと思いますよ。

大恋愛でなくて物足りない気がしても、今の幸せな気持ちのまま、ずっと過ごせますので大丈夫だと思いますよ。これからもお幸せに。

●ライター/たえなかすず(恋愛短歌専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする