秋まで引きずらないのが鉄則!「一夏のアバンチュール」を全力で楽しむコツ

夏は開放的になりますよね。
恋人はいないけど、夏の恋を楽しんでみたいと思う女性も多いのではないでしょうか。
どうせなら、刺激的な一夏のアバンチュールを全力で楽しむのがおススメです。

では、一夏のアバンチュールを全力で楽しむコツを紹介していきます。

(1)「とことん遊んでやる!」と決意する

『この夏をとことん遊び尽くして、誰よりも楽しんでやる!』(24歳/エステティシャン)

まずは「とことん遊んでやる!」と決意することが大事です。
自由恋愛をする勇気がないのなら、傷ついてしまうだけなので、やめておいたほうが良いでしょう。
また期間限定の恋ではなく、ずっと付き合っていきたいと思う人も、やめておいたほうが良いでしょう。

自由恋愛を楽しむのが、一夏のアバンチュールです。
とことん遊んでやるぐらいの意気込みがなければ、楽しむこともできません。

(2)人生経験と割り切る

『何事も勉強だと思えば、何があっても後に引きずらなくていい』(26歳/看護師)

たとえ遊ばれてしまっても、一夜の関係だけであったとしても人生経験と割り切るのが大事です。
色々と後悔するようなこともあるかもしれません。
しかし一夏のアバンチュールは、そのようなことと隣合わせなのです。

後悔して落ち込んでしまうような人にはおススメできません。
どんなことがあっても、人生経験として割り切る感覚でいる必要があるのです。

(3)関係を秋まで引きずらない

『遊びは夏だけで終わり!秋からは本命にシフトチェンジ!ズルズル関係を続けてたら遊びじゃすまなくなるよ』(30歳/広告)

期間限定の恋だからこそ、熱く燃え上がり、楽しい思い出となるのです。
一夏のアバンチュールは、関係を秋まで引きずらないのが鉄則です。
ズルズルと関係を続けてしまうと、都合の良い女になってしまう可能性があります。

期間限定だからこそ、大胆にもなれるしいつもの自分ではない一面が出せて楽しめるのです。
自分で一夏の恋だと制限をあらかじめ設けることが大事なのです。

(4)彼氏がいる時は遊ばない

『彼氏に申し訳ないですからね。遊んでいいのはフリーの人の特権です』(25歳/金融)

一番大事なのは、彼氏がいる時は遊ばないことです。
そもそも彼氏が気になって、全力で楽しむことはできません。
どこかで後ろめたさが残るからです。

また、彼氏にバレてしまっては、一夏のアバンチュールを楽しむどころか、後悔する結果になってしまいます。
彼氏はいらないけど、夏だから恋を楽しみたいという人のみが、一夏のアバンチュールを全力で楽しめるのです。


一夏のアバンチュールを楽しむには、ちょっとした心得が必要です。
夏の刺激的な恋は、全力で楽しんでしまったほうが心地よいのです。
ただし、アバンチュールには危険もたくさんあります。

個人情報は教えない、一夏の恋だと割り切ってもらう、避妊は絶対にするなど、自分の身は自分で守りましょう。
ちょっと刺激的で開放的な一夏の恋は、ドキドキと楽しさを与えてくれますよ。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする