心も体も満たされる!「仲良しカップル」が”ベッド”でしている愛情表現5つ

仲の良いカップルは、一緒に寝るときもお互い愛情確認を忘れません。
では、具体的にベッドの上でどんなことをしているのでしょうか?

詳しくご紹介いたします。

(1)マッサージ

『お互いにマッサージし合ってますね、労わり合ってます』(31歳/IT)

疲れ切った1日の終わりに、仲の良いカップルはお互いにマッサージをします。
身体の疲れを取ることも出来ますし、2人の絆も深まって一石二鳥ですね。

「ココが凝ってるね」「痛くない?大丈夫?」と、声を掛け合いながらマッサージすれば、心の距離も縮まっていきます。
そのまま体も心も満たされて、安らかな眠りにつくことが出来るでしょう。

(2)ハグやボディタッチ

『イチャイチャしてます!温かい気持ちになれるので、よく眠れます』(28歳/広告)

肉体的な触れ合いは、特に愛し合うカップルにとってかなり重要です。
言葉をかけ合うことも大事ですが、仲の良いカップルはハグなどのボディタッチを欠かしません。

愛情ホルモンと呼ばれるオキシトシンは、スキンシップをすることによって高まると言われています。
寝る前にハグやボディタッチをすることで、精神的にもとてもいい効果をもたらすのです。

(3)携帯の電源を切る

『睡眠と僕たちの邪魔をされたくはないので……』(26歳/金融)

寝る前に携帯のチェックをしたくなるのも分かりますが、2人の愛情を深めたいならそこはグッと我慢して。
スマホのブルーライトは睡眠の質を悪くしますし、スマホの画面ばかり見ていたらカップルのコミュニケーションは薄れてしまいます。

ベッドに入ったら携帯の電源はオフにして、2人の時間に集中するようにしましょう。

(4)セックスはお互いの気持ちを確認してから

『乱暴なことは一切しません。性欲処理ではなく、お互いの愛を確かめ合うためにしています』(30歳/商社)

愛情のないカップルほど、セックスは性欲任せの乱暴なものになりがち。
お互いを思いやるカップルは、相手の気持ちを十分尊重した愛に溢れた触れ合いをします。

まず、相手の気持ちが乗らないときは行為そのものを強要しません。
2人の気持ちが重なり合ったときだけ、愛情に溢れた身体の触れ合いを楽しむのです。

(5)「今日嫌なことはなかった?」とさりげなく聞き合う

『何でも相談し合えるので、次の日に引きずらず助かってます』(30歳/教師)

一日の終わりに、その日嫌なことはなかったかどうかさりげなく聞きあいます。
愚痴を聞いてあげることも、パートナーと良好な関係を築くために必要です。

そしてお互いに話をして悩みを共有し合うことでストレスも解消され、ますますお互いへの愛情も増していきます。


仲の良いカップルは、ベッドの上でもパートナーへの愛情表現を忘れません。
就寝前は、疲れ切って一番無防備になる時間。

この時間を大切にして過ごすことで、仲の良いカップルは毎日愛情を深めていくのかもしれませんね。

●ライター/makirin(恋愛アドバイザー)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (7)
  • うーん (0)

注目の記事

恋愛jpをフォローする