早く離してくれ…!彼女には言えない”NGハグ”シチュエーション5選

ハグは恋人同士にとって、愛情を確認するコミュニケーションの一つですよね。
女性は彼にハグされると幸せな気分になります。
男性も同様に、彼女とハグすると幸せな気分になります。

しかし、男性にとってハグNGなシチュエーションがあります。
男性が「早く離して」と思うNGハグシチュエーションはどのようなものか、みていきましょう。

(1)公共の場でハグ

『公共の場でいきなりハグをするのは嬉しさよりも恥ずかしさが勝つから勘弁してほしい』(28歳/営業)

公共の場でハグをすることに抵抗がある男性は多いです。
二人でいる時は良いけど、人の目がある場所でのハグは恥ずかしいと思っているのです。
このようなタイプの男性に公共の場でハグをすると、「早く離して」と思われてしまいます。

彼女のことが嫌いなわけではなく、シチュエーションが嫌なのです。
嫌がる彼にハグを強制してしまうと、鬱陶しく感じてしまいます。

公共の場ではサラリとした関係で、二人の時に甘えるようにしましょう。

(2)汗でベタベタなのにハグ

『好きな人でもベタベタすると不快になるので、汗だくハグは遠慮してほしい』(31歳/メーカー)

汗でベタベタなのにハグをすると、男性は「早く離して」と思ってしまいます。
汗でベタベタであるのにハグをすると、お互いが嫌な思いをしますよね。
愛情表現のハグなのに、ただ暑苦しさと不快感が残ってしまいます。

また汗をかいていると、匂いも気になりますよね。
たとえ女性は汗をかいてなくても、男性が汗をかいている場合は自分の臭いで彼女に不快な思いをして欲しくなくて、「早く離して」と思ってしまうのです。
汗でベタベタの場合はお互い嫌な思いをしてしまうので、ハグは避けたほうがベストでしょう。

(3)集中してる時にハグ

『本読んでる時やパソコンやってる時にいきなり飛びつかれると気が散るから嫌だ』(35歳/金融)

男性は一つのことに集中してしまうと、まわりが見えなくなります。
また集中している時は、邪魔をされたくないと思っています。
彼がなにかに集中している時に、彼女からハグされても「早く離して」と思ってしまうのです。

彼が集中している時は、無理にハグしようとはせず、彼の集中が切れるまで待ってあげましょう。
彼が休憩している時にハグをすれば、彼も嫌がりません。
時にはかまって欲しいとねだるのは可愛いですが、彼が集中している時のハグはやめておいたほうが良いですね。

(4)急いでる時にハグ

『朝の忙しい時間にハグをせがむのはどうかしてる』(26歳/営業)

急いでいる時に彼女にハグされると、「早く離して」と思われてしまいます。
彼はハグをしている状況ではないのです。
急いでいる人を引き留めてまでするハグは、ただのワガママに思われかねません。

どうしても、彼が急いでいる時にハグをしたいのなら、一瞬抱きしめるようなハグなら、彼も許してくれます。
しかし急いでいる時は、鬱陶しく感じてしまう男性もいます。
空気を読めない人と思われてしまう可能性もあるので、急いでいる時のハグは避けたほうが良いでしょう。


男性も女性と同様、ハグは幸せを感じます。
しかし、いつでもハグをしたいかというと、そうではありません。
男性が嫌がるシチュエーションでハグをしてしまうと、鬱陶しいと思われてしまいます。

幸せを感じるハグを、鬱陶しいと思われてしまうと悲しくなってしまいますよね。
彼が嫌がるシチュエーションのハグは、避けたほうが良いでしょう。
二人が幸せを感じるシチュエーションでのハグは、二人の仲も深まりますよね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする