7割の男性が無理…!「金銭感覚の差」vs「愛情の温度差」別れを考えるのはどっち?

カップルが別れる原因にありがちなのが「金銭感覚の差」と「愛情の温度差」の2つ。
どちらの差も乗り越えられず、破局するカップルは多いです。
ではより深刻なのはどちらの差なのでしょうか?

今回は、20代~30代の独身男性を対象に「金銭感覚の差」vs「愛情の温度差」別れを考えるのはどっち?というアンケートを実施しました。

それではさっそく回答を見ていきましょう!

「金銭感覚の差」を選んだ男性の意見


『愛情があれば温度差は問題ないが、金銭感覚は生活に関わるから』(31歳/インスラクター)

『プレゼントのたびに高級品を要求されそうで無理だろうなと思います』(27歳/営業)

『結婚して一つの家庭で暮らすとき、金銭感覚の差が仕事や生活レベルの違いの溝を深くすることがあるため。生まれた時からの環境で作られる感覚のため摺り合わせていくことが難しいと思う』(25歳/食品)

金銭感覚の差は一緒に暮らしていく上で重要だと考える男性が多かったです。
確かにお金に関することは生活に直結することだから慎重に考えなければならないですよね。

「愛情の温度差」を選んだ男性の意見


『愛情に温度差があるなら付き合って意味がない。愛情の有無は付き合う上で大事』(26歳/美容師)

『過去の経験から女性に温度差が生じた時には修復するのが難しいと思うので、別れまで考えてしまいます』(34歳/コンサル)

『愛情が薄れたらもはや関係を保つことは出来ないから』(26歳/広告)

どちらかに愛情がなければ一緒にいる意味を感じられないと考える男性が多いです。
愛情は1回冷めたら復活させるのは至難の業ですから、別れを意識せざる負えないようですね。

「金銭感覚の差」vs「愛情の温度差」別れを考えるのはどっち?果たして多数派は……?

金銭感覚の差……144人(72%)
愛情の温度差……56人(28%)

7割以上の男性が「金銭感覚の差」を理由に別れを考える結果になりました!
金銭感覚の差の差を見ると、結婚後の生活に対して不安になる男性が多い様子。
無駄遣いや浪費癖が治らないと、フラれる理由になるかもしれませんね。


※アンケート方法:インターネット調査
※有効回答者数:200人
※集計期間:2017年8月4日~2017年8月7日

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする