モテる女は”アレ”をする!男性に「おごるよ」と言われた時のベストな返し方4選

男性とデートに行った際、「おごるよ」と言われることは多いですよね。
そんな時、スマートな返事ができなくて困ったことはありませんか?

今回はそんな悩める女子に、男性に「おごるよ」と言われた時のベストな返し方をご紹介します。

(1)レジ前でお金のやり取りは絶対しない

『レジでモタモタしたくないんだよね、みっともない』(32歳/商社)

まず大前提として、レジ前でのお金のやりとりは絶対に避けるようにしましょう。
男性からしても、お金のやり取りはできるだけスマートに済ませたいもの。

レジ前で「私も払うって!」などと騒いだり、無理やりキャッシュトレイにお金を乗せたりと、男性のメンツを潰すことは絶対にしてはいけません。

またできる男性の中には、女性がトイレに行っている間に会計を済ます、という方法をとる人も多いです。
もうそろそろ帰り際かな…と言うタイミングを見計らって、トイレなど席を外してみるのもスマートな振る舞いですよ。
もちろんお礼はしっかりしましょう。

(2)笑顔で「ごちそうさま」が一番

『ご馳走になるのを当たり前と思ってなければそれでいい』(28歳/広告)

男性がご馳走して良かったと思う瞬間は、なんといっても女性から感謝をされた時。
ご馳走したのに、お礼もなければ笑顔もない…なんてことは悲しすぎますよね。
ご馳走してもらったことに対して、笑顔で「ごちそうさま」と感謝の気持ちを伝えましょう。

またしっかり者の女性こそ、「すみません」と言ってしまったり、申し訳なさそうな顔でお礼を言ったりしてしまいがちです。
ですがせっかくおごってもらったのですから、ここは笑顔で感謝の気持ちを伝えた方が可愛らしいですよ。

(3)「次は私が払うね!」も好感度高い

『実際に払わなくていいから、そういう心意気を見せられるとまたご馳走したくなるし気持ちいい』(30歳/金融)

お礼を言葉で伝えるだけでももちろんいいですが、気遣いとして「次は私が払うよ!」などと提案してみるのもおすすめです。
ランチの後であれば「じゃあコーヒーでも飲んでいこうよ。次は私がおごるから!」1次会終わりなら「じゃあ次のお店ではご馳走させて?」などと提案してみると、一緒にいられる時間が長くなるメリットも生まれます。

男性からしても「次もデートがあるんだ」「もう少し一緒にいられるんだ」と嬉しい気持ちになれるので、おすすめです。

(4)「端数だけ払う」もアリ

『ちょっとでも払ってくれればそれで十分』(27歳/メーカー)

お礼を言葉で伝えるだけでももちろんいいですが、気遣いとして「次は私が払うよ!」などと提案してみるのもおすすめです。
女性側の些細な心遣いに「いい子だな……」とキュンとすること間違いなし。
少なからず好感度が上がりますよ。


男子に「おごるよ」と言われた時のベストな返し方についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
奢られる際には、できるだけスマートに男性を立て、可愛くご馳走になるようにしましょう。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする