決戦はホワイトデー!? 片思い中の彼の心を揺さぶる意外な方法

【相談者:20代女性】
好きな人に去年のバレンタインにチョコを渡しましたが、ホワイトデーに何も反応がなくあきらめました。友達として、時々男女混合で何人かで遊んだりはしています。今年も悩みましたが、あげませんでした。でも、やっぱりあげたほうがよかったのかなと後悔。一年たったので白紙に戻ったのなら、もう一回アタックしても大丈夫かな? と考えていますが、どう思われますか。回答よろしくお願いします。

a 大丈夫。手遅れではありません。むしろ渡さなくてよかったです。

こんにちは。ライターのたえなかすずです。

詳しい情報がないのでよく分かりませんが、今年チョコをあげなかったのは正しかったと思います。というのは、あげたとしても「やっぱりな」と彼は思うだけで、そんなに感激はなかったのではないかと思われます。

去年はお返しも進展もなかった。ということは貴女に興味がそれほどなかったのではないでしょうか。もしも、それきり疎遠になってお友達としての付き合いもなかったのなら、貴女の事を彼は忘れていたことでしょう。それはそれで白紙に近い状態になったのですが。白紙とは、「貴女の思い出が薄れている、または忘れてはっきりと思い出せない」状況です。

チョコをもらって貴女の気持ちに答えずにいたことは、多少なりとも罪悪感みたいなものがあったと思います。人間は自分に罪悪感を感じさせる相手が苦手なので、彼は本当のところ、友達として会うことに少し困っていたのかもしれません。「悪かったかな……」と。そして、友達としてみんなで遊ぶことが、罪滅ぼしと考えていたのかもしれません。彼女がいたのかもしれませんし。

この状態をリセットするのには、時間がかかります。一年経ちましたね。もうチョコの件も薄れ罪悪感も薄れ、彼女との仲になにか変化があったかもしれません。今現在は良い方向に向いていると思います。白紙状態になっていますね。

彼女が今いない前提で話を進めます。

貴女は友達としてずっとそばにいた。「そういえばこの子、去年チョコくれたよな。俺の事が好きなんだよな。今年もチョコをくれるのかな」と、どこかで思っていたに違いありません。しかし、貴女から何も無かった。

「……?」と思っていますよ。「あれ? もう俺のこと好きじゃないの?」と。

いまごろは不思議な気分、釈然としない気分になっているかもしれませんね。これっていい傾向だと思うんです。

そこで、ホワイトデーに貴女からなにか贈ってはいかがでしょうか。義理クッキーみたいなものを。それか、大幅に遅れたチョコを。

130221suzu

人間はルーティンや、予測できるものをつまらないモノと思い、ありがたがりません。不測の事態にドキドキするものです。

ですから、たとえば 

・好意を寄せてくれる子がバレンタインに高級チョコ → 当たり前でドキドキしない
・好意を寄せてくれる子がバレンタインに激安チョコ → 激安って? どうでもいいって意味?
・好意を寄せてくれる子がバレンタインに何もくれない → え? 無し? 好きじゃないの? 揺さぶられる

・意外な子が高級チョコ → なんで? ドキドキ半分、疑心暗鬼半分
・意外な子が激安チョコ → 義理かな? 意味がつかめない
・意外な子がくれない → 当たり前

そうです。半分逆の事をするんです。これが揺さぶる方法ですので、お忘れにならぬよう。

私がいつも、「片思いの人に“好きがバレないほうがいい”」と言っている意味は、この「意外な子(自分に好意があるかどうか不明)」の状態をいつも作っておけ、ということなんです。

「私が好きだってこと、あの人に分かって欲しいんだもん」という話は交際している最中の話であって、片思い中では駆け引きにならないのです。ストレートに気持ちでぶつかって行って実る恋は、相手が自分のことがどストライクの場合です。「勝ち戦」と分かっている場合ですね。

彼も貴女のことが確実に好きだったなら話はまた別ですが、「あ、あの子俺のこと好きなんだね」と思われて、自分のファンのフォルダに入れられてしまうと思います。好きか好きじゃないか、という曖昧なほうが男性は楽しいと言うか、気持ちを掻き立てられると思うのですが。

駆け引きなんてそんな……という意見もありますよね。駆け引きと言う言葉の響きがそう思わせるのかもしれないです。言い換えれば、「戦略」ですね。

好きがバレているとやりにくくなることが多いです。彼に優しくしたり、仕事を手伝ったり、いろいろ親切にしても、ただ「自分の事が好きだからだな。見返りを期待しているのだな」と下心を感じさせてしまうだけ。そうすると、彼は素直に感謝できなくなります。

保険外交員の人にたくさん景品をもらってしまったりすると、契約をさせられるのでは……と不安になり、「いえ、いりません」と返したくなりますよね。それと似ています。相手がラッキーと思っているか引いているかの見極めは難しいですし。無難にいい子だな、親切だなと思わせて、様子を見て進んだほうがいいと思います。

さて、これからどうするか。

大幅に遅れてチョコかクッキーを渡します。そして、その日はいつもより楽しく過ごします。その後は、みんなとの遊びに「忙しい」や「体調不良」という理由で顔を出さないようにする。頻繁に会っていたなら、何度か欠席するほうがいいかもしれません。

彼に、どうしたのかなと思わせるのです。いつも一緒にいた貴女がいなくなるのは淋しいものです。連続で欠席ならなおさらだと思います。「遅れて渡してくれたあの日からだ」と彼に考えさせるのです。


・遅れたチョコ → 不思議(意外性)
・楽しかった → また楽しく過ごしたい。なのになぜ来ない?
・連続欠席 → いつもと違う(意外性)
・とってつけた理由 → 不安


何回も揺さぶることによって貴女が気になり始めて、なにかしら向こうからアクションがあるかと思いますが、いかがでしょうか。

なにか連絡が来たら、楽しく明るく応対しましょう。ここで素っ気無くしたら、嫌われてしまったと誤解しますので。

また新たにがんばりましょう。

●ライター/たえなかすず(恋愛短歌専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (3)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする