”ポップアップが非表示”になったら要注意!LINEで分かる「浮気の兆候」4パターン

なんだか最近彼の様子がおかしいと思い、彼の浮気を疑っているのなら、LINEの使い方で浮気の兆候をチェックすることができます。
気軽にメッセージのやり取りができるLINEは、多くの人が使用していますよね。
それゆえに、浮気相手とも連絡に使用していることも多いのです。

ではLINEの使い方で、彼の浮気の兆候を確かめるポイントを紹介していきます。

(1)LINEのパスコードを設定する

『スマホのロックは解除できても、LINEさえ見られなければ浮気がバレることはないです』(33歳/IT)

スマホ自体にロックをかけている人は多いと思いますが、LINEのパスコード設定をしてロックをかけている場合は、浮気の可能性があります。
本体のロックを解除して、なおかつアプリのロックも解除しなくてはならないのは、面倒な作業ですよね。
そこまでするのは、見られたくない何かが存在するのです。

もともと用心深い人で、最初からアプリにもロックをかけているような場合は、問題ありませんがLINEだけに急にパスコードを設定しているようなら怪しいです。
アプリの中でも使用頻度が多いLINEにロックをかけるのは、どうしてもLINEを他の人に見られたくないと思うからなのです。
そこに浮気の証拠がある場合があります。

(2)LINEの通知が来ても目の前で確認しようとしない

『万が一、浮気相手のLINEだったら困るので彼女がいなくなってからチェックします』(26歳/企画)

LINEの着信音が鳴ったのに、目の前ですぐに確認しようとしないのは、浮気の可能性があります。
もともと着信に無頓着な人であれば問題ありませんが、今までは確認していたものが、急に確認しなくなるのは注意が必要です。

確認しないのは「誰から?」と聞かれるのが怖いからです。
また罪悪感や隠し切れない言動をしてしまうことを怖れての行動です。
彼女の前でも平気で浮気相手とLINEをする男性もいますが、多くの男性は後ろめたさから彼女の前ではLINEできないのです。

(3)LINEのポップアップが非表示になった

『ポップアップがくると浮気相手のことを思い出してソワソワして勘づかれる可能性があるので、非表示にすることで浮気相手の存在を消してます』(26歳/飲食)

LINEのポップアップが急に非表示になった場合、浮気の可能性があります。
ポップアップは、メッセージの冒頭部分がロック画面やホーム画面に通知されます。
初期設定では、ポップアップがONになっています。
読まれたくないメッセージがあるため、非表示に変更した可能性があります。

もともと非表示の設定なら問題ありませんが、急に変わった場合は注意が必要です。
またスマホの画面を机に置く時に、伏せて置く場合も怪しい兆候です。
ポップアップを非表示にしていても、メッセージが届いたことを周りに分からないようにするためです。
急に画面を伏せて置くようになった場合も、注意が必要でしょう。

(4)既読から返信の時間が長くなった

『浮気相手とのLINEの方がフィーバーするので、本命との連絡はおろそかになりがち』(28歳/広告)

既読からの返信の時間が長くなった場合は、浮気の可能性があります。
優先順位が変わってしまったことが考えられます。
また男性は一つのことに集中してしまうと、他のことを後回しにしてしまうことがあります。

ただこの場合は、一概に浮気の兆候であるとは言えません。
付き合いが安定してきて、安心しているため、返信が遅くなってきた可能性もあります。
急に返信が遅くなったのなら疑いがありますが、徐々に遅くなってきたのなら、あなたとの関係に安心している可能性もあるので、これまでの彼の癖を思い出してみると良いですね。


LINEは便利なツールですが、利用する人も多いことから、浮気相手との連絡手段にしていることも多いです。
以上のことを全て彼がしているからといって、必ず浮気をしているとは限りませんが、可能性は高くなります。

もともとあなたが彼の浮気を疑っているのなら、このこと以外にも些細な彼の行動に不審な点があったからではないでしょうか?

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする