これで悩殺確定!?男をメロメロにする「シチュエーション別ボディタッチ」4パターン

男性をドキドキさせるのに効果的な方法、それはボディタッチ。
自然にできるよう、日々試行錯誤している女性もいるかもしれません。
今回はそんな男を胸キュンさせるシチュエーション別ボディータッチをご紹介します。

(1)2人で何かを成し遂げた時のハイタッチ

『彼女と何かを成し遂げた時のハイタッチは、仕事終わりのビールくらい格別だね』(32歳/IT)

まさに青春を彷彿とさせる「2人で何かを成し遂げた時のハイタッチ」。
仕事やスポーツをしている時、2人で息があって同じことを同時に発してしまった時などどんな些細な時でも構いません。
二人の息があったと感じた際に自然と起きるハイタッチに、男性は青春時代を思い出してキュンとするのです。

いやらしいボディタッチにならないので気軽に試すことができますが、「好意がある」ことを伝えるには少し効果の弱い方法です。
また、あまり強くハイタッチしてしまうと恋愛感情よりも「友情」や「仲間意識」が芽生えてしまうようです。
まだそれほど親しくない相手にボディタッチをしたい際などに効果的です。

(2)男がボケた時に肩タックルツッコミタッチ

『肩と肩が触れ合うのって、あんまり経験ないからドキドキしそう』(25歳/広告)

こちらは肩と肩を触れ合わせることができるボディタッチ。
ボディタッチと聞くと、手で男性のどこかを触るものと思っている人が多いですよね。

ですがこのように男性がふざけた際に「もー」などとツッコミを入れながら、肩と肩を触れ合わせるというボディタッチ法もあるのです。
いやらしいボディタッチではなく、自然にさりげなく行うことができ、かつ男性に不意打ちのドキドキを感じさせられるのでおすすめ。

オフショルダーなど肩の出る服装で行うと、よりドキドキ感を増幅させることができますよ。

(3)酔っぱらった時のお色気甘えタッチ

『酔ってるので感度も上がってるしムラムラしちゃうな』(33歳/営業)

ボディタッチといえばこれとも言えるほどメジャーな方法「酔っぱらった時のお色気甘えタッチ」。
定番すぎてやるのが恥ずかしい…と思う女性も少なくありませんよね。

また同性に見られていたら、「狙っている」「あざとい」と思われてしまう可能性も高いので、合コンなどで行うのはおすすめできません。
二人で飲みに行った時など、他人に見られない環境で行うことで相手にドキドキを与えることができます。

単に肩や腕などに触れるだけでなく、太ももや二の腕など、より体の中心に近い部分にタッチすることでドキドキを倍増させることもできます。
また、強く触ったり、がさつに叩くのではなく、そっと触ってなぞるように手を動かすことでより効果が大きくなります。

少し勇気は入りますが、色っぽくセクシーにタッチされた男性は、あなたにメロメロになってしまうこと間違いなしです。

(4)男が悪さをしたときの顔ムギュお叱りタッチ

『怒られてるのにニヤけちゃう。ムギュってし返したい』(32歳/飲食)

仲の良い男性に行って欲しいのが「顔ムギュ」タッチです。
男性が悪さをした時に「ダメでしょー」などとかわいらしく叱りながら、優しく顔をムギュっとする方法です。
他人に顔を触られるというのは誰にとっても少し違和感のあるもの。

不意に顔をムギュっとつままれて、ドキドキしない男性はいません。
また顔をムギュっとされている時には、相手と真っ向から向かい合い見つめ合うことにもなります。
そんなドキドキしてしまうシチュエーションに、落ちない男性はいないですよね。

ネタっぽくふざけてできるボディタッチでありながら、相手に与える衝撃はとても大きいため、やる価値は大きいですよ。


男性を胸キュンさせるシチュエーション別ボディータッチをご紹介しましたが、いかがでしたか男性を落とすのに効果的なボディタッチ。
いやらしくならないよう、自然に行うのがポイントですよ。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (10)
  • うーん (13)

恋愛jpをフォローする