見たものを”実況中継”するのが大事!男性が本当に喜ぶ「すごい」の伝え方

男性にモテるためのテクニックとして、フリーアナウンサーの小林麻耶さんが『女のさしすせそ』を提案していますが、皆さんはご存知でしたか?

さ「さすがですね!」
し「知らなかった!」
す「すごいですね!」
せ「センスいいね!」
そ「そうなんですか」

中でも「すごい!」は男性が喜ぶ言葉として有名ですよね。
しかし『モテれ。エロ可愛い女の知恵袋』の著者・春野れぃさん曰く、「すごい」という言葉はオマケでしかないというのです。
重要なのは「すごい」の次に何を言うか、なのだそう。

では、一体どんなことを言えばいいのか、まとめてみたいと思います。

「すごい」の次に言う言葉は具体的に

春野さん曰く、「すごい」の次には具体的な言葉を言うべきとのこと。
思ったまま・見たまま・ストレートに、そして具体的に言うといいそうです。

例えば、バッティングセンターに男性と行ったときには
『すごい!私、こんな間近でこんなにキレイなバッティング見たのはじめて!』

慣れない手つきで料理をしてくれた男性には
『すごい!料理を全然してないなんて信じられない!とってもおいしい!』

どんなに頭の中で、「あほか」と思っていても、「すごい」+「実況中継」をすると、男性は「そう?」と嬉しそうに答えるのだとか。
『実況中継』の部分がうまく出てこない人は、毎日練習してみると良さそうです。
なにかを発見したら、まずは「すごい!」と言ってみましょう。そして見たままのことを説明してみるのです。

カフェでラテ・アートをしてもらったら……「すごい!こんなにきれいにラテ・アートしてもらったの初めて!」こんな感じで良いんです。
できれば「すごい」と「はじめて」を足してみるとグッドです。
ぜひ「すごい!」と言う時は、その言葉だけを言うのではなく、オリジナルの文章をつけたしてみてくださいね。

彼は「この子は俺のことを分かってくれている!」と思ってくれるはずです!

【参考文献】
『モテれ。エロ可愛い女の知恵袋』春乃れぃ・著(インプレス)

●ライター/白鳥カヨ(ホラー小説家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (9)

恋愛jpをフォローする