復縁を成功させるための6つの心得

【相談者:10代女性】
二ヶ月付き合った高3の彼と別れたばかりの、高1女子です。別れの理由は、「(1)彼の大学進学で、岐阜と愛知の遠距離恋愛になるから」「(2)性格が合わないと言われた(私はそうは思わなかった)」「(3)男は大学生になると、理想が高くなって新しい他の女性を求め、それまでの彼女と別れやすいと友人から言われ、私の気持ちが揺らいだ」。以上の3点です。

周囲からはあきらめるよう言われますが、1%でも復縁の可能性があるのなら、それに賭けたいです。どうか復縁を成就させる方法を教えてください。

qa_a あなた自身の本当の気持ちと向き合うことから始めましょう。

復縁成就専門家のHirokoです。

高校1年生のあなたには、これから新しい出会いがたくさん待っているのですから、彼に執着しなくてもOKとも思いますが、あなたの一途な気持ちも理解できます。

大好きな彼との関係が、2人にとってベストな形になるように、6つの心得をお伝えしますね。

(1)自分の気持ちを確認する

あなたはなぜ、彼と復縁したいのでしょうか。「優しいから」「部活に励む姿がカッコ良かったから」など、復縁したい理由を紙やノートに箇条書きで書き出してみましょう。

130220hiroko

書く作業は、自分自身に向き合うと同時に、気持ちの整理もできますから、あなたの本当の気持ちに気づけますし、彼が本当に復縁すべき相手なのかも見えてくるでしょう。

(2)彼に別れを告げられた原因を自覚する

「遠距離恋愛」が、今回の別れの大きな原因とも解釈できますが、彼に、「性格が合わない」と言われたのは、実は重要なポイントなのです。あなた自身、彼と性格が合わないとは思っていないようですが、そこに彼の気持ちを考えない、自己中心的な融通のきかない一直線過ぎる気合いを感じてしまいます。

愛知と岐阜は、さほど遠距離ではありません。むしろ遠距離よりも、「性格が合わない」という言葉を冷静に分析し、彼にそう思わせた問題点があなたになかったかどうかを考え、(1)同様、紙やノートに書き出してみましょう。そうすることで、彼の気持ちが理解できたり、あなたの問題点を整理しやすくなります。別れを選択するには、必ずちゃんとした理由があるのです。

(3)揺るがない気持ちを持つ

(1)と(2)で徹底的に自分自身に向き合ってみて、なお彼との復縁を心から望むのであれば、あなたの心の中からあらゆる雑音を消し去り、彼との復縁を一直線に強く願い続けてください。人に相談しても、気持ちが揺れるだけです。ひだすら彼との復縁を願い続けましょう。

(4)彼と距離を置く形で、コンタクトラインは継続する

別れを承諾したとしても、「あなたが好きな気持ちは変わらないので、せめて後輩として良い友人でいさせてください」という素直な気持ちを伝え、メールや電話でコンタクトをとれるような関係でいられるようにしましょう。

(5)あくまで友人として、イベント時にメールを送る

(4)の方法がうまくいっても、普段こちらからメールや電話をするのはタブーです。彼の誕生日、バレンタイン、クリスマス、年始などのイベント時に、重くない内容のメールを送りましょう。できれば、複数の友人に同じ内容のメールを一斉送信するなどして、彼にだけ特別に送っていると感じさせない送り方がベストです。

(6)できるだけ毎日、ワークを行うこと

ワークのやり方を具体的には書けませんが、私の著書『もう一度あの彼を手に入れる方法』(WAVE出版)の中に、効果絶大のいくつかワークを紹介していますので、是非参考になさってください。

このワークを毎日熱心に行うと、彼からあなたに連絡が来るなど、現実的な動きが出てくる可能性が高まるのです。ご相談者の中にも、ワークを行って復縁成就された方がたくさんいらっしゃいます。もし彼から連絡が来たら、友人というスタンスでさりげなく応じて、そのチャンスを生かしてください。

注意事項が一つあります。ワークを行っているということを、他の人には決して話さないでください。これまでの経験上、誰かに話してしまうと魔法が解けるように、効果がなくなってしまうのです。

(1)(2)を実行して気持ちが整理されると、彼への未練が消えるケースも多々あります。その際は、気持ちを切り替えて、次の恋に向けてスタートを切りましょう。(1)(2)を実行してもなお、彼が好きならば、(3)〜(6)を実行してください。

あなたの幸せを、心からお祈りしています。

●ライター/Hiroko(復縁成就専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする