”おひとりさま”は要注意?「モテない女」がこだわる”自分ルール”とは

「おひとりさま」が長くなると、自分流のルールが固定されてしまい、その居心地の良さからなかなか抜け出せなくなってしまいます。
そんな「自分ルール」に縛られている人が、モテない女になってしまうのです。

モテない女がこだわりがちな「自分ルール」とは、どのようなものでしょうか?

(1)自分のための時間を譲らない

『自分の時間を謳歌するのはいいことだけど、あまりに付き合いが悪いと段々と誘わなくなるよね』(27歳/美容師)

休みの日は、自分磨きの時間にあてている社会人は多いですよね。
趣味の時間であったり、勉強やお稽古の時間であったり、自分を休めるための時間だったりと、自分のための時間は必要ですし大切なことです。
しかしそのルールに縛られすぎて、自分一人で過ごす時間が多くなっていませんか?

頑なに自分のための時間を守ろうとすると、出会いや付き合いの幅を狭めてしまいます。
例えば友人から休みの日に誘われても、休みの日は自分のための時間だからと断わってしまうと、友人も次からは誘いにくくなりますよね。

たまにはルールに縛られず、柔軟に対応してみると良いでしょう。
新たな出会いが舞い込むかもしれません。

(2)自分から連絡しない

『男が連絡してくるものって思ってる人は時代遅れだと思う。興味なかったら普通に連絡しないから』(29歳/IT)

例えば飲み会で男性と連絡先を交換しても、自分からは絶対連絡しないというルールを作っていませんか?
このような人は、どんなに相手が気になっていても、男性から連絡してくるのを待ち続けてしまうのです。
連絡は男性からしてくるものだというルールに縛られてしまっています。

興味がある相手でも、興味がない相手でも、軽い気持ちで連絡してみましょう。
会ったときには分からなかった一面が見えてくるかもしれません。
また友達になれば、お付き合いの幅も広がって、新たな出会いが舞い込んでくるかもしれません。

自分ルールのせいで、自分の世界を狭めてしまうのはもったいないですよね。

(3)価値観が違う人と付き合わない

『同じ人とばかりつるんでても出会いに繋がることはないよね』(26歳/広告)

価値観が違う人とのお付き合いは、同性でも異性でも、面倒になりますよね。
しかし居心地の良い人としか付き合わないというルールを決めてしまうと、出会いの場をなくしてしまいます。

自分の価値観が定着すると、こだわりが強くなり柔軟な対応ができず、他人にも厳しくなってしまったり、理想が高くなってしまったりすることがあります。
自分とは違う価値観に目を向けると、自分の新たな発見に繋がり、変化が訪れます。

恋人が欲しいを思うのであれば、同じ人たちばかりと付き合っていても出会いはありません。
普段話さないような人とも交流を持つと、出会いも多くなります。

(4)色々なこだわり

『自分を持っているのは素敵だけど、こっちにまで押し付けてくるのはやめてほしい』(33歳/商社)

美意識やライフスタイルに自分なりのこだわりを持つことは、とてもステキなことです。
しかしそのルールにこだわりすぎて、新しいものを受け入れなくなっていませんか?

例えば、流行の服は取り入れないことや、自分が決めたものしか口にしないことなどです。
友人が薦めてくれたオシャレや食べ物などを、受け入れなかったりしていませんか?
その自分ルールのせいで、まわりの人を振り回していないか、思い返してみると良いでしょう。

こだわりを持つことは大事です。
しかしそのルールで自分の世界を狭めてしまっては、そこからなかなか抜け出せなくなってしまうので、注意が必要です。


モテない女性は、自分がこだわる「自分ルール」に縛られて、出会いの場をなくしてしまっています。
たまには、そのルールを破ってみると、新たな発見ができるかもしれません。
特に恋愛は、自分の気持ちが溢れ出し、自分で制御できなくなってしまい、ルール通りにはいきませんよね。

しかし、たまにはそのような情熱的な感情を持つことも、恋愛をする醍醐味なのです。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする