不毛な恋の末路は……!?不倫カップルに「天罰が下った」瞬間5つ

どんなに好きな相手であっても、不倫というのはしてはいけないことです。
周りにいる不倫カップルに、「天罰が当たればいいのに」と思ったことのある女性もいるかもしれません。

今回は不倫カップルに「天罰が下った」瞬間をご紹介します。

(1)多額の慰謝料に悩まされる

『出来心で不倫なんてするもんじゃない……おかげで極貧生活ですよ』(33歳/IT)

そもそも不倫は民事裁判で訴えられる事案です。
パートナーに見つかり、訴えられれば慰謝料を請求されることは免れません。
不倫に関して、数千万円単位の慰謝料を払っている人も世の中にはいます。

これだけ多額の慰謝料を請求されてしまえば、もはや「人生が終わった」と言っても過言ではありませんよね。
精神的にだけでなく、金銭的にも人を蝕むのが不倫の恐ろしさなのです。

(2)幸せな家庭が壊れる

『一度壊れた家族仲を修復するのは無理ですよ』(37歳/出版)

パートナーがいるにもかかわらず、他人と関係を持つことで幸せな家庭が壊れてしまうこともあります。
もし自分の旦那や妻が、他の人と関係を持っていたことを知ったらどうしますか?
過ちを許して、再び幸せな家庭を構築しようとする人はおそらく少数派ですよね。

大抵の場合、不倫が発覚したら最後、二度とその家庭に幸せが戻ることはありません。
ちょっとした出来心でしてしまったたった1回の不倫が、あなたやパートナーの家庭をぶち壊し、奈落の底に突き落としてしまうかもしれないのです。

(3)噂が広まり、外を歩けなくなる

『引っ越しはもちろんですが、職場にまで噂が広まって転職せざる負えませんでした』(27歳/企画)

他人に不倫がバレてしまい、外を歩けなくなる、という天罰を食らう人もいます。
自分一人で抱えきれず、友人に相談したところ、友人が裏切って第三者に話してしまった…そのような事例が後を絶たないようです。
人の噂は広まるのが早く、また芸能人の不倫が話題になっている今、身近な人間の不倫ネタは、酒の肴にぴったりの話題なのです。

気づけば地元の友人や学生時代の友達にまで広まっていて、同窓会など行けたものではない…このような恐ろしい天罰が待っているのが不倫です。

(4)不幸な恋愛が癖になり、幸せな恋愛ができなくなる

『刺激に慣れすぎると普通の恋愛ができなくなるし、不幸になると分かっててもダメなんですよね』(32歳/人事)

一度不倫というスリリングな恋愛に足を突っ込んでしまった人は、そのスリルが快感となり、いわゆる「普通」の恋愛ができなくなってしまうようです。
特に若いうちから不倫にはまってしまった場合、その後何度も不倫を繰り返してしまう…ということも少なくないようです。

不倫とまではいかなくとも、浮気相手など「本命の彼氏・彼女」ではない恋愛を繰り返してきた人は、いずれ不倫に足を踏み入れてしまう可能性があるので注意したいものです。

(5)不倫に時間を取られすぎ、結婚をできずに生涯を終える

『一番モテた時代を不毛な恋に費やして何やってたんだろう、自分……』(34歳/受付)

不倫にハマリすぎて、気づけば貴重な20代を無駄にしてしまった…このような体験をしている人も多いようです。
確かに不倫は、大きなスリルや背徳感など、普通の恋愛では味わうことのできない感情を得ることができます。
これが中毒となり、延々と不倫を繰り返した結果、20代、30代の恋愛や結婚を楽しむ時期を棒に降ることになるようです。

歳をとって周りが結婚、出産シーズンを迎えた時に「今まで何をしていたんだろう…」と虚しくなってしまわないように、不倫は避けるべきですね。


不倫カップルに「天罰が下った」瞬間についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
このような天罰を食らわないためにも、不倫は手を出さないようにしたいものです。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (6)

恋愛jpをフォローする