なんでうまくいかないの?「美人なのに恋愛下手」な女性の特徴5つ

美人なのになぜかいつも彼氏がいなかったり、不幸な恋愛をしていたり…そんな女性はあなたの周りにいませんか?
今回は美人なのに恋愛下手な女性の特徴をご紹介します。

(1)自己評価が低い

『自己評価が低い人って美人でも魅力を感じないです。自分のいいところをちゃんと分かってる子のほうが魅力的』(33歳/企画)

美人であるにも関わらず、自己評価が低い女性も恋愛下手である傾向があります。
もし誰かに「自分にいいところはありませんが、そんな私と付き合ってくれませんか」とお願いされたとしても、その人を好きになる事はほとんどありませんよね。
それよりも「自分はあれもできるしこれもできる。だから私と付き合ってくれませんか」と告白された方が、よっぽど相手を好きになる可能性はありますよね。

つまり「自己評価の低い人間は、他者からの評価も勝手に下がってしまう」という現象が恋愛では発生するのです。
自己評価の低い女性が恋愛下手であるのは、このように自分の魅力を十分に伝えられていないからなのですね。

(2)ネガティブ

『口から出る言葉がネガティブなものばかりだと、美人でも一緒にいて辛くなる』(28歳/広告)

ネガティブというのも恋愛下手な女性の特徴です。
美人の女性は、小さな頃から「美人だね」「可愛いね」と褒められる機会が数多くあります。

そういった際に嫌味にならないようにと「そんなことないよ」「私なんてたいしたことないよ」などと自分を卑下するような返答をしていた女性は「自分は美人じゃない」「自分はたいしたことがない」とネガティブなイメージを、無意識に自分に刷り込んでしまっているのです。

そのためどれだけ美人であってもネガティブな思考が払拭できず、不幸オーラを放ってしまうのです。
ネガティブで不幸なオーラを発している女性は、美人であっても男性にとっては近づきがたい存在で、恋愛に恵まれくなってしまいます。

(3)依存体質で尽くすタイプ

『尽くすタイプの人って苦労してる自分に酔う傾向があるから頭悪そう』(26歳/商社)

依存体質でつくしがちという女性は、美人であっても恋愛下手であるケースが多いです。
基本的に美人な女性には、勝手に男性が寄ってくるイメージがありますよね。
ですが美人な女性はそのようなシチュエーションに慣れてしまい、自分から攻めたり、自分から尽くす恋愛に憧れていることが多いのです。

してもらうことの多い女性が一度尽くす喜びを知ってしまうと、途端に依存体質になってしまうこともあります。
尽くしてばかりで一見辛そうな恋愛をしているように見えても、本人はその辛さまでもを楽しんでいる場合も多く、まさに「恋愛下手」の一言につきます。

(4)自分よりレベルの高い男を好きになる

『美人だとチヤホヤされてるから、自分の価値を高く見積もりがち』(30歳/SE)

美人ゆえに男性の理想がどんどん高くなってしまっている、というケースも考えられます。
普段から「美人だね」「可愛いね」とちやほやされてきた結果、必要以上にプライドが高くなってしまう女性も少なくありません。
男性に求めるポイントが多くなり、その辺にはいないようなハイスペック男子を求めるようになっています。

理想が高くなればその分、恋愛対象となる男性も少なくなりますから、恋愛はしづらくなっていきます。
美人なのにいつも彼氏がおらず、お高く止まっているイメージがある女性は、このようなタイプなのかもしれません。


美人なのに恋愛下手な女性の特徴についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
美人なあの子にいつも彼氏がいない理由は、実はこういったことが原因なのかもしれませんね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする