もう会いたくなっちゃった……!「デートのお別れ直後」に言いたい”胸キュン”ワード

デートのお別れ後に送るメールや、かける電話はとても重要です。
あなたの印象を彼に強く与えるためにも、胸キュンワードを会得しておきましょう。

今回はそんなデートのお別れ直後に言いたい胸キュンワードについてご紹介します。

(1)「今日は幸せだったな」

『自分と一緒にいて幸せと言ってもらえるの最高にうれしい』(31歳/広告)

まずは「今日はあなたといれて幸せだった」ということを素直に伝えましょう。
別れた後の電話で「幸せだったなぁ」としみじみと話す彼女に、男性は思わず胸キュンしてしまうのだそう。
「楽しかった」「嬉しかった」というような軽い言葉ではなく「幸せだった」という言葉を使用すると「そんなに自分のことが好きなのか」と男性も嬉しくなってしまいます。

一緒にデート中「幸せだったシーン」を振り返ってみるのもいいかもしれません。

(2)「もう寂しくなっちゃった」

『別れを惜しんでくれてるところが可愛い』(28歳/IT)

別れた直後の「もう寂しくなっちゃった」も、男性の胸キュンポイントをつくワードなのだそうです。
これを言われると、思わず「今すぐ彼女の元に走っていきたい!」と思ってしまう男性もいるのだとか。
この一言を言われるだけで「彼女には自分がいないとダメなんだな」と、彼女のか弱さや儚さを再実感する男性も多いのだそう。

確かにこれを言われて嬉しくならない人はそういませんよね。
明るく話すよりは、少し寂しそうに伝えるのがポイントです。

(3)「あなたのことを考えちゃうよ」

『一緒にいない時でも、僕のことを考えてくれているのが分かって嬉しいです』(31歳/食品)

「あなたのことを考えちゃうよ」という、寂しがりやさんのようなセリフも、男性からは「かわいすぎる」「自分が愛されていることがよくわかる」と人気です。
「あなたのことしか見えていないの」と言わんばかりで、とても可愛らしいセリフですよね。
今日のデートで楽しかったところを一緒に思い出したり、彼のこんなところがよかったよ、という点を伝えたりしてもいいかもしれません。

二人の愛がさらに深まる魔法のワードです。

(4)「もっと好きになっちゃった」

『キュン死不可避。また会いたくなるなあ』(26歳/教師)

「もっと好きになっちゃった」という普段はなかなか言えないようなワードも、思い切って伝えてみましょう。
楽しかった1日が終わり、別れた寂しさに浸っている中でこんなことを言われてしまえば、彼はあなたのことをもっと好きになるに違いありませんよね。

帰り道や帰宅後の家で、思い出を振り返りながら「ここであなたのことをもっと好きになったよ」などと打ち明けてみるのもおすすめですよ。

(5)「次会えるのを楽しみに頑張るね」

『健気すぎる……!ぼくもいくらでもお仕事頑張れちゃうよん』(32歳/金融)

最後はやっぱり前向きな言葉で素敵な1日を終わらせたいですよね。
「寂しい」「早く会いたい」などという言葉ももちろん胸キュンワードではありますが、それだけでは少し彼氏に心配をかけてしまうかもしれません。
最後は明るく「よし!今日は本当に素敵な1日で、幸せだったから次会えるのを楽しみにまた頑張らなきゃ!」とポジティブな気持ちを伝えましょう。

これにより彼氏も自分がいない間も、彼女はきっと明るく楽しく日々を過ごせるはずだと安心してくれますよ。
明るい言葉で、楽しく1日を締めくくりましょう。


デートのお別れ直後に言いたい胸キュンワードをご紹介しましたが、いかがでしたか?
素敵な1日の締めくくりには、やはり素敵な胸キュンワードを彼に贈りたいもの。
次のデートの終わりに、試してみてくださいね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (14)
  • うーん (13)

恋愛jpをフォローする