プロポーズされる女性になるために必要な要素3つ

【相談者:30代女性】
できれば、子供がいる人生、家族のいる人生を歩みたいという自分の気持ちが(愛され美人レッスンを受けてみて)、改めて分かりました。そのためにも結婚したいです。でも、過去にモテたことはあっても、現在はそうではないので、いまいち自分に自信がないし、結婚の申し込みをされるようなお付き合いをした事もないせいか、上手くいく恋愛というものが分かりません。

どうやったらプロポーズされるのでしょうか?

a “プロポーズされるような女性”になることが大事!

ご相談ありがとうございます。愛され美人専門家の柴崎マイです。

「上手くいく恋愛というものが分からない」というのは、プロポーズや結婚をゴールにした時、それまでの成功例がないから、イメージが湧かないということだと思うのですが、相談者さんは、「こうありたい姿=結婚したあとの自分の姿」まで分かった事だけでも、今までとは別の意識になっていると思いますよ。ゴールが分かれば、そのためには何をすれば良いか除々に分かっていきますから。

130219mai

でも、ひとまずのゴールである、“プロポーズされるような女性”に行きつくために何をすれば良いか具体的に分からないという事ですね?

プロポーズされるためには、“プロポーズされるような女性”になることが大事です。下記3つは、「プロポーズされる女性に必要なこと」です。読むだけでも、あなたの中に、プロポーズされる女性の種が芽生えると思うので、ぜひ読んでみてください。

(1)自分の素を知って、男性の本質を見られる女性になる

プロポーズされて幸せな結婚生活を送っている女性は、“素の自分”を知っています。

なぜなら、“真の彼”からプロポーズされるためには、お互いの本質とも言える「恋愛関係になった時の素の相性」が良くないとダメだからです。

それには、彼との素の相性を見極めるために、“自分の素”を直感的であっても知らないと、“相手の素”も見極めることができませんよね。

「イケメンの◯大卒、◯◯勤務、年収◯◯万」といったスペックに理想を持つ事は悪いことではありませんが、そこだけを見ていると、男性側も必ずあなたの表面的な部分しか見てくれません。

すると、お付き合いに発展しても、「外見も素敵だし性格も良い子なのに、なぜかしっくり来ない。結婚がイメージできない!」等と、プロポーズされない場合がほとんどです。付き合ったとたん合わない事が分かって、喧嘩ばかりの辛い恋愛になる場合も。

また、素が合ってないと、万が一プロポーズされても真に幸せな結婚にも行きつけません。

反対に、自分の素と彼の素の相性が良ければ、喧嘩をしても別れるほどの喧嘩にはならないですし、会えば楽だし落ち着く……それが自然に彼にも伝わりプロポーズ……という流れになるのです。

なので、まずは“自分の素”を知りましょう♪

(2)自分の魅力と磨くべき部分を知って、謙虚でセルフイメージが高い女性になる

プロポーズされる女性は、謙虚でセルフイメージが高いもの。

決して、「私なんてモテないし、プロポーズなんてされないかも」とか、「外見がキレイで、モテてるから自信満々」という女性ではないのです。

相談者さんも、真の彼からのプロポーズがまずのゴールなので、複数の男性にモテる必要はもうありませんよね?

モテたら確かに女性は自信が持てるし良いことだとは思うけど、何とも思わない良い男性にモテてもそれほど嬉しくないし、そもそもこれからのゴールには、“複数モテ”はどっちでも良いことなのです。

それより、「自分の魅力って何なのか?」という事を知ることでセルフイメージはあがるし、自信だって持てます。また、磨くべき部分を知ることで、「謙虚でいる」というバランスも同時に持てます。

でもね、どっちでも良いといっておきながら何ですが、こういった女性になると、不思議と自然にモテるようになるものですよ♪

(3)自分らしいヘアメイク&ファッションでいながら、彼受けも意識した外見をしている女性

いくら素の自分を知っていて謙虚でセルフイメージが高い女性でも、それらを覆っている外見を放置している女性では、プロポーズは遠くなってしまいます。

だって、いきなり自分の本質までを見抜いてくれる彼なんて、そうはいません。真の彼でさえも、最初は外見から入るのが普通ですし、お付き合いが始まっても、外見磨きは続けてください。

ポイントは、

・自分らしいヘアメイク&ファッションでいながら彼受けで♪

たとえば、相談者さんがクリエイターでも、真の彼とのデートをイメージしたときにスタイリッシュすぎるデザイン眼鏡や、ぺたんこ靴、ポンチョ、を好まれる場合はかなり低い……としたら、変えるべきなのです。何も突然、「赤文字系のOLさんファッション」にしなさいと言っているわけではありません。

あくまで自分らしさを残しつつ、変えていくのが大事♪


お付き合いが始まっても、リサーチしながら“彼受け”も取り入れましょう。ご両親に会わせやすい見た目とか意識してみても良いですね。

“自分らしくも、歩み寄ってくれている女性”として写るはず♪

●ライター/柴崎マイ(愛され美人専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする