意外と大丈夫?彼女に自分の誕生日をすっぽかされた男性のホンネ

こんにちは、コラムニストの玉恵です。
大好きな彼の誕生日、何かしてあげたい!と思っていても、ついつい忙しくて気が付けば忘れてしまっていたなんてことありませんか?
当事者達には一大事なこの出来事、他人にはなかなか分かってもらえませんよね。

今回はそんなお話です。

(1)恒例の誕生日サプライズにうっかりずらせない用事!

今の彼と付き合って4年になる、事務系会社員のMさん(28歳)。
彼と出会ったきっかけは、お互いの趣味であるバイクでのツーリングだそうです。
「彼の誕生日が夏ということもあるのですが、毎年その日は休んで私の企画したツーリングキャンプに行くのが恒例です。

ですが、今年うっかり忘れてしまって会社の用事を入れてしまったそう。
正直もう断れない…。彼の誕生日なので休みます、なんて言えるような会社じゃないんです。
でも彼はうきうきしているし、言い出せない。どうしよう。」

ああ、会社にも彼にも言い出せない状況。
確かに、誕生日だから休みますという理由が通る会社は日本には無いようにも思えます。

でも、会社と生きて行くわけでもないのに、休みたいですよね。

(2)彼女に誕生日、祝われたい?

女性は、女性同士でも誕生日を祝いますが、男性は自分の誕生日に敏感なのでしょうか。

『別に仕事の後に軽く祝ってくれるとかでいい。実家でもそんなに盛大に祝ったこと無いし、ケーキそんなに好きじゃないし。僕も忙しいので、気持ちだけで十分嬉しい』(33歳/SE)
『祝って欲しいけれど、仕事なら仕方ないとは思う。仕事後祝うとか、後日改めてでもいいのではないの? 当日に拘らなくても、気持ちがあれば嬉しいけれど』(27歳/サービス)
『祝って欲しい!てか、プレゼントくれるなら仕事行ってもいい。時計とか。当日居ないなら前倒しで先に欲しい。それ着けて誕生日は遊びに行くから』(28歳/接客業)
『祝ってくれるのは嬉しいけれど、そのせいで無理して仕事を休む必要は無い。学生の時ならいいけれど、社会人なら仕方ない』(24歳/技術)

しょうもない意見も混ざっていましたが、仕事なら仕方ないと言ってくれる男性がほとんどでした。
もし彼が楽しみにしているのであれば、早く話したほうがいいのでは。

別の日にしっかりサプライズをしたら、きっと許してくれますよ。

●ライター/玉恵(ダメンズ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする