”一夏のアバンチュール”で終わらせない!夏の出会いを”モノ”にする方法

夏は盆踊りや海水浴などの、大勢で盛り上がれるイベントが豊富ですよね。
素敵な出会いには事欠かないため、親密な関係を築くのをつい後回しにしがちです。
ですが、秋冬はイベントが少ないので夏の間に出会いをモノにしないと、一人で寂しい年末年始を過ごすことに……。

そこで今回は、『夏の出会いをモノにする方法』を皆さんに詳しくご紹介しますね。

(1)話しやすい雰囲気

『ニコニコしている女性は話しかけやすいですね。声をかけるのが一番勇気がいるんです』(28歳/広告)

男女共にモテる人は、周囲が話しかけやすい雰囲気を持っていることが特徴です。

話しにくい雰囲気の女性は、綺麗でも高嶺の花に見られて男子たちは声をかけません。
また会話が盛り上がりにくいので、せっかく素敵な男子に出会っても関係が発展しません。
そのため、夏の出会いをモノにするには、男子が気楽に話しかけやすい雰囲気を作ることが大切です。

いつも笑顔でいることを心がけて、会話では明るい話題を増やすことで、自然に周囲が話しかけやすい雰囲気が生まれますよ。

(2)共通の趣味を持つ

『同じ趣味があると誘いやすいし一緒にいて楽しいから嬉しいな』(26歳/IT)

普段から連絡を取りあう機会がないと、せっかくイベントで仲良くなった気になる男子とも疎遠になっていきますよね。
夏の出会いをモノにするためには、普段の関係を充実させる必要があるんです。
そのために効果的な方法が、気になる男子と共通する趣味を持つことです。

スポーツやアウトドア活動など、共通する趣味を持つことで自然に会う機会が増えて関係が発展していきますよ。
また共通する趣味がない場合は、相手の趣味に興味があるとウソをつくのも効果的です。
教えて欲しいとアピールすると会う機会ができる上に、男子の優越感を刺激できるので親密な関係に発展しやすくなりますよ。

(3)露出度を高くする

『胸元がざっくり空いてたら見なきゃ失礼な気がして凝視します。たまりませんなぁ……』(30歳/公務員)

夏モテに欠かせないのが、胸元が開いたトップスなどの露出度が高い服装です。
日焼けを気にしたり、照れて肌を隠していると、せっかくの素敵な出会いをモノにできません。
気になる男子と親密な関係になるために、頑張って大胆に露出しましょう。

露出度を増やすと下品に思われそうと心配する女子が多いですが、暑い夏は薄着でも不自然ではありません。
そのため、堂々と肌を見せつけて気になる男子を魅了しちゃいましょう。

(4)血色をよくする

『顔色が悪いと体調悪いのかな?機嫌が悪いのかなと心配になるので声をかけづらい』(32歳/マーケティング)

夏は熱心に日焼けをする方が増えますが、シミやシワ、たるみなどが気になって日焼け対策を行っている女性も多いですよね。
真っ黒に日焼けした人々のなかで美白の女性はひと際目立つため、男子たちの目を引いて連絡先の交換などに繋がる可能性が高まります。
ただし、色白であっても血色がよくないと相手に悪印象を抱かれる場合があるんです。

「機嫌が悪そう」「無愛想に見える」など、血色の悪い女性にたいする男子の印象は散々です。
せっかく日焼けした女性に混じって色白の肌をアピールしても、むしろ悪目立ちして逆効果になります。

そのため色白の女性はお風呂に浸かったり肩こりを解消するなどの方法で、血色を良くすることが大切です。

(5)秋冬の話題で盛りあがる

『未来のことを話されると、先の可能性を感じてドキドキしちゃうな』(34歳/コンサル)

夏の出会いをモノにするには、会話の端々で秋冬のイベントを話題にすることが大切です。
キャンプで森林を見ながら紅葉を話題にするなど、先々を意識させる会話を心がけましょう。

今後も一緒に過ごすことを前提に会話をすることで、自然に男子は交際を意識し始めます。
そして男子が鈍感なときは「一緒に行きたいね」と、女性側から誘うことも効果的です。

さらにクリスマスなどの二人で過ごすイベントを話題にすることで、どれだけ鈍感な男子にも好意を伝えられますよ。


以上、『夏の出会いをモノにする方法』をご紹介しましたが、いかがでしたか?
夏の出会いを次に繋げるには、共通の趣味を持ったり露出度を高くするなど、女子の方から積極的に行動することが大切なんですね。
せっかくの素敵な出会いも短命で終わっては意味がありません。

ご紹介した内容を参考にして、気になる男性との素敵な出会いをモノにして下さいね!

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする