同棲中のカップルがケンカした時の、仲直りポイント4つ

【相談者:20代女性】
私は現在、結婚を考えている彼氏と同棲をしています。その中で困ってしまうのは、ケンカをしたときです。険悪な雰囲気の中、ずっとふたりでいなければならないのが気詰まりです。ケンカをしても深刻にならないようにしたいのですが、どうしたらいいでしょうか?

a 相手の機嫌が悪いときは、その空気に飲まれないようにしましょう!

ご質問ありがとうございます。恋愛小説専門家の倉本真帆です。

アドバイスを小説風に仕立てましたので、お読みください。


 ――同じ部屋にいるのも、良し悪しだな。恵はため息を押し殺して、そんなことを考えていた。

 普段はいいのだ。問題は、そう、今みたいにケンカをしているときだ。原因は些細なことだったりする。

 けれど、だからこそ誰かに相談するのも馬鹿馬鹿しいし、それでいてちりも積もれば山となる、ということもある。こういうケンカは、ふたりで暮らすようになって、何度も経験してきた。

 だから、今では私なりに気をつけていることがある……

 「コーヒー淹れるけど、飲む」クエスチョンマークなしの疑問文。彼は怒ると口調が平坦になる。

 「うん、飲む。ありがと」

 これが私なりの気をつけていること。ポイントその1、その2。

 ひとつ。飲みたい気分じゃなくても、とりあえず相手と同じ行動をとる!

 ふたつ。「ありがとう」を言えるところでは必ず嬉しそうに付け加えること!

 そしてどうでもいいけど、ケンカしているときはそれこそどうでもいいようなことが気になる。たとえばコーヒーのお湯の注ぎ方とか。

 だけど、それは自分の気が立っているから。こういうときは、見ないフリ、見ないフリ……。

 「コーヒー」

 彼はまだまだ無愛想。だけど、コーヒーを淹れるという行動、そして私の分も淹れてくれる気遣い。彼なりにこの重たい雰囲気をどうにかしようとしてくれてるんだ(きっと)。

 だから、私もそれを汲み取って、できるだけ穏やかにすごしたいと思う。

 そんなわけでポイント3。

 「ありがとう、あったかいの、飲みたかったんだ」

 みっつ。単語しか言ってくれなくても、なるべく返事は長く、愛想よく!

 まぁ、これだけ頑張ってもほんとに機嫌悪くなっちゃうと、なかなか元には戻ってくれないのだけれど。

 でも、私まで機嫌悪く振舞っちゃったら、ほんとにどうしようもなくなっちゃうから。些細なことが原因のケンカなのに、下手したら別れるなんてことになるかも。

 それは嫌だから、我慢って言うのかな。やりすごすのって、ずっと一緒にいると大切になってくると思う。

 そしてポイントその4。

 「寝るよ」

 よっつ。普段一緒に寝てるなら、ムカついてても一緒に寝ること!

 そっと手を繋ぐと、彼がぽつりと言った。

 「ごめん。明日になったら元に戻ってるから」


いかがでしたか?

ポイントは、文中に出てきていましたが、4つ紹介しました。

(1)とりあえず同じ行動をとる
(2)嬉しそうに、「ありがとう」を言う
(3)意識して長めの返事を愛想よくする
(4)普段どおり一緒に寝る

 
自分もイライラしてしまって、なかなかできないかもしれませんが、少しずつ取り入れると、些細なケンカが深刻化せずに済むと思いますよ。

●ライター/倉本真帆(恋愛小説専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする