男が事後にキスをするのは”義務感”だった!?エッチにおける「男と女のリアルな快感曲線」の違いとは

こんにちは!ライターの白鳥です。

「エッチが終わった後に抱き寄せて、キスをしてくれたら、それは本気の証拠」
恋愛ハウツー記事でよく見かける言葉ですが、男性の本音は少し違うのだそう。
今回まとめてみたいのは、セックスにおける男女のリアルな快感曲線の違い。

「セックスの前はあんなに愛してくれたのに、終わった直後に彼がよそよそしくなるのはなぜ?」
「セックスが終わったというのに、どうして彼女はべたべたしようとするの?」

そんな疑問をお持ちの方は、この記事を読めば解決するかも知れません!

(1)男性は我に返り、女性は余韻を楽しもうとする

『彼の気持ちを掴む37のルール』の著者、野浪まことさんは男性の射精後の気持ちを赤裸々に書いています。

それによると、男性は射精後「我に返る」のだそう。
その直前までどんなにエッチな妄想をしていても、射精した瞬間に悶々とした気持ちがきれいさっぱり消えてしまい、急に仕事のことを思い出したり、時には「アフリカの子供たちを救うにはどうしたらいいのか…」とまるでユニセフ親善大使のように崇高な気持ちになるんだそうです。

一方で女性は快感は緩やかな波のように静まっていきます。
高揚感がしばらく続き「彼と抱き合っていたい」「いちゃいちゃしたい」と思うので、さっさとシャワーを浴びに行ってしまう男性に対して「あの人は冷たい」と思ってしまいます。
しかし男性の気持ちに戻すと、射精した瞬間にセックスという次元に立てなくなってしまうので、相手の女性にキスしたいという気持ちすら生まれなくなるのです。

(2)キスをするのは相手に失礼だから?

「でも、私の彼氏は行為のあとにキスをしてくれる」「友人の彼氏はキスをしてくれるらしい」
と反論する女性もいるでしょう。
しかしそれは、男性が気を遣ってやっているだけかもしれません。
野浪さんによると、男性が相手の女性に行為後にキスをする理由は『失礼だと思われたくない』からなのだとか。

『女性は快感が緩やかに鎮まるらしい。

だから俺だけが即座に平常心に戻ったら失礼だ。

まるで愛がないみたいだ。

そう思われるのは心外だ。

ここは愛を示すためにキスしよう』

実は頭の中でこんなふうに思っているのだそうです。

愛しくて仕方ないからキスをするのではなく、彼女に悪いからキスをするのが本音のようです。


行為が終わるとここまで感情が変わっちゃうの?と、女性としては不思議に思ってしまいますが、男性はそういう生き物なのだと理解しましょう。
これも長々と余韻に浸っていては、敵に襲われた時に対処できないという自然界の名残なのかもしれませんね。
『エッチの後にキスをしてくれたら本気』というのは当てはまらない。

キスしようとするのは、彼の精いっぱいの思いやり。
本命だろうと遊びだろうと関係ない。
残念ですが、愛情を行為の後のキスで測るのは難しいみたいです。

【参考文献】
『「彼の気持ち」をつかむ37のルール』野浪まこと・著(三笠書房)

●ライター/白鳥カヨ(ホラー小説家)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (5)

注目の記事

恋愛jpをフォローする