視線を下に逸らすのが大事!顔デカ女が”小顔に見える”ファッション5選

女性なら憧れる小顔ですが、顔が大きいことをコンプレックスに感じている女性も多いのではないでしょうか?
コンプレックスがあると、オシャレもなかなか楽しめなかったりしますよね。
しかし顔の大きさは、ファッションのポイントを押さえればオシャレを楽しむことができます。

(1)首周りが大事

『首回りが詰まっていると顔の大きさが分かりやすい』(26歳/メーカー)

首周りを工夫すると、顔をスッキリと見せることができます。
顔デカ女子は、首が詰まっているタートルネックなど首周りを窮屈にすると顔を強調されてしまう為、避けたほうが良いです。
逆に、VネックやUネックがおススメです。

胸元が開いたトップスは顔を小さく見せてくれる為、シャツなども少し胸元を開けるとバランスが良くなります。
また、襟の大きいトップスもおススメです。
襟に視線が集まることで、その対比によって顔が小さく見えます。

(2)視線を下に逸らす

『ワイドパンツなんかは下半身にボリュームがある分、小顔に見えると思う』(26歳/アパレル)

視線をボトムスの方に下げて、顔の大きさを目立たなくさせると良いでしょう。
コンプレックスのある人は、気になる場所の周りばかりに、目がいってしまいます。
しかし見る方側の目線を、上手に散らすと気になる場所をカバーすることができます。

ボトムスには明るい色や、柄物を取り入れると良いです。
またボリューム感のあるものを持ってきても、視線を下に逸らすことができます。

(3)小物やアクセサリーで工夫

『目立つ小物やピアスをつけてると心なしか小顔に見える気がします』(29歳/飲食)

小物やアクセサリーで視線をそちらに集中させることができ、顔の大きさが目立たなくなります。
選ぶポイントは、大きくて存在感のあるものを選びましょう。

大き目のペンダントトップのついたものや、少し派手なものをつけると効果的です。
アクセサリーが苦手な人は、襟元にビジューや刺繍などのデザインがあるものでも効果的です。
小物やアクセサリーを上手に使えば、視線も散らせオシャレ感もアップします。

(4)ヒールでバランス調整

『ヒールって究極の小顔アイテムだと思うんですよね。これがあるのとないのだと上半身の印象が全然違う』(29歳/エステティシャン)

顔デカ女子が一番気になるのが、全体のシルエットのバランスですよね。
シルエットを間違えてしまうと、全体のバランスが崩れてしまい、余計に顔の大きさが目立ってしまいます。

ヒールを履くことで、顔と身長のバランスがとれます。
服を着たときは、上半身を見るのではなく全体のバランスを見ると良いでしょう。

(5)タイトな服は避ける

『タイトだとどうしても体のラインに合わせて顔のラインも強調されがち』(26歳/コンサル)

全体的にタイトな服は、顔を目立たせてしまうので避けたほうが良いでしょう。
タイトな服を選びスッキリさせてしまうと、どうしても顔に視線がいってしまいます。

タイトなトップスやスキニーパンツなどを着る場合は、全体のバランスを考えると良いです。
トップスやボトムスのどちらかをタイトにする場合は、どちらかにボリュームをもたせるようにします。
また小物で視線を散らすようにすると、タイトな服でも顔の大きさが、目立たなくなります。


生まれ持った骨格があるので小顔にすることは難しいですが、ファッションのポイントを押さえれば顔の大きさを目立たなくすることはできます。
コンプレックスでオシャレができないと思ってしまうのは、悲しいですよね。

ぜひ実践してみて、オシャレを楽しんで下さい。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする