ビジネスでも活きる! 婚活パーティーで相手の印象に残る自己紹介のポイント3つ

【相談者:30代女性】
康介さん、こんにちは。私は現在、婚活をしている30代女性です。結婚相談所に登録して活動をしているのですが、慣れていないせいか、婚活パーティでの自己紹介がうまくいきません。何を言っていいのか分からず、ありきたりな事を言ってしまいます。結局、次に会ったときも覚えておいてもらってないので、「以前、お会いしましたよね? 覚えてますか?」と言っても、「え? そうでしたっけ?」と言われることも多いです。

どうしたらいいですか? 結婚相談所でも講師として活動しておられるようなので、何か解決策あればと思い、質問させて頂きました。ご意見頂けば嬉しいです。よろしくお願いします。

a お見合いパーティでは「自己紹介が肝」な理由。

ご質問ありがとうございます。モデル&トータルコーディネーターの中村康介です。

婚活中の男性、女性の多くの方が参加するものとしてお見合いパーティ、合コン、街コン等があります。

この会の違いの一つに、

・お見合いパーティ/街コン → 気に入った人とだけ話す
・合コン → 気に入っていてもそうでなくても、席が隣りなら話す

 
という点があります。

合コンであれば、多少自己紹介で失敗しても2時間程度の飲み会中に挽回するチャンスが訪れます。

しかし、お見合いパーティや街コンでは参加人数が多いため、最初でコケると挽回のチャンスはほとんどやって来ません。参加者のそれぞれが、「短い時間の中で、この先の可能性を感じる人と、より多くの時間を共有したい」と思っているからです。

となると、最初の自己紹介、コレとっても重要になって来ます。

そこで、今日は結婚相談所の講義の中でも大好評の企画、「ビジネスでも活きる! 婚活必勝法のエレベータートーク」を皆様にお伝えしたいと思います。

「毎日が就職活動」を10年続けて見えた真実

ワタクシはモデルという職業柄、今まで無数のオーディションを受けて来ました。モデルや俳優の仕事の取り方には大きく分けて二つありまして、一つが、「キャスティング」と呼ばれるモノ。要は指名です。

例えば、瑛太さんがドラマの主演に決まる時にオーディションがあるワケではなく、「この役は瑛太さんがイイ!」という事で所属事務所にオファーがいき、役が決まるというやり方です。

もう一つが、「オーディション」。モデル活動で取った仕事の9割はオーディションが発端です。継続してレギュラー化した仕事も、最初はオーディションがキッカケだったりします。

モデルにとって、「オーディション」はイコール、「就職活動」です。就職活動だから必死です。なぜなら、オーディションに通って仕事にならないと一円もお金が入ってこないからです。

そうゆう意味では、「毎日が就職活動」の状態を累計10年も続けていることになります。

130215nakamura

最初の頃は、何が良くて何が悪いのかよく分からないけど、オーディションに通ったり落ちたりしていました。本当に、何が良くて何が悪いのか分からなかったのです。通った時のオーディションを振り返ってみても、「いつもと同じようにやっただけなんだけどな。何が違ったんだろ?」と、自ら首を傾げるばかり。

しかし、就職活動ですから何とか確率を上げたい。

そこで通った時のオーディションと、ダメだった時のオーディションの違いを注意深く観察してみることにしました。そこで一つの結論に達しました。

オーディション突破のための3つの要素

これは、あくまで私見です。しかし、10年就職活動を続けて来た僕が、経験としてコレは真実だと感じているものです。そして、この真実はそのまま婚活、お見合いパーティでも活用することが出来ます。

オーディションに受かるために最低限必要なことは、集約すると以下の3つになります。

(1)清潔感のある外見
(2)常識があること
(3)簡潔な自己紹介(プレゼン)

この3つです。この3つが、オーディションに通るために最低限必要な要素です。

最終的には、これに加えて、「演技力/表現力」「企画内容に合ったモデルかどうか」「好み」等の要素が必要になってきますが、ココは自分の力でどうこう出来るレベルでないモノも多いです(「演技力/表現力」以外)。神のみぞ知るゾーンなので、やるだけやったら、後は果報を寝て待ちましょう。

(1)清潔感のある外見

まず不潔でないこと。髪がフケだらけ。悪臭。爪が伸びてる。オシャレ髭ではなく無精髭。

服のセンス如何の前に、まず清潔であることが大前提です。なぜなら、不潔な人とは一緒に「仕事をしたくないから」です。

(2)常識があること

芸能界では、ぶっ飛んだ人間がもてはやされるのではないかと思われがちですが、それは一部の例外です。基本的には、キチンと挨拶が出来、礼節をわきまえ、常識のある人であることが重要です。

なぜなら、非常識で不快な人とは一緒に「仕事をしたくないから」です。

(3)簡潔な自己紹介(プレゼン)

そしてココです! これこそ今回のお話で言いたかった事です! 長かった!

(1)と(2)は大概の人がやっています。しかし、この(2)はほとんどの人が怠っている。

オーディションを見ていると、ほとんどの人がノープランでカメラの前に出て来ているように見えます。だからワタクシはここを鍛えました。徹底的に!

結果として、3年程前からコンスタントにCMに出演する事が出来、TV番組の出演やカタログ、広告の撮影も飛躍的に増えました。数で言えば3倍以上の仕事量になりました。

そして、これは実に利にかなったやり方だったのです!(次回へ続く)

【関連コラム】
・続き ≫ ビジネスでも活きる! 婚活必勝法のエレベータートーク

●ライター/中村康介(トータルコーディネート専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする