「時間を大切に生きてほしい!」歩くのが遅い女性に対する男性のホンネ5つ

男性と女性とでは歩く歩幅が違うため、どうしてもどちらかが相手にスピードを合わせて歩かなければなりません。
あまりにも歩くのが遅い女性に対しては、男性も思うことがあるようで……。

今回は歩くのが遅い女性に対する男性の本音をご紹介します。

(1)イライラする

『女の子に合わせて歩くと、いつまで経っても目的地に着かないのでイライラします。顔には出さないようにしてますけどね』(30歳/コンサル)

歩くのが遅い女性と一緒に歩くと、なかなか目的地にたどり着かなかったり、自分の歩く速度を極端に緩めなければならなかったりと、イライラしてしまう男性もいるようです。
「もっと早く歩いてくれたら、もっとデートでもいろいろなところに行けるのに…」とやきもきしてしまうのかもしれません。

歩くのが遅いのは仕方のないことですが、自分は特に歩くのが遅いと認識している女性は、男性に「私歩くの遅くてごめんね」などと声をかけておくのがいいかもしれません。

(2)めんどくさい

『仕方ないと分かりつつも、一緒にいる間はずっと彼女に合わせているのでめんどくさいのが本心です』(26歳/金融)

歩くのが遅い女性に対して、「イライラ」ではなく「めんどくさい」と言う感情を抱く男性もいます。
これは特にマイペースな男性に多いようで、「自分が相手の歩く速度に合わせなければならない」というのが面倒くさいようです。
確かに相手のペースに合わせて何かをし続けるというのは根気も必要で、面倒くさいことですよね。

ペースを合わせてくれている男性に感謝の気持ちを伝えてみると、相手も「仕方ないか」と納得してくれるはずですよ。

(3)なんでこんなに歩くの遅いんだろう

『わざとゆっくり歩いているのかな?と思うくらい女の子は歩くの遅いですよね』(29歳/メーカー)

単純に「なんでこんなに歩くのが遅いんだろう」と疑問に感じてしまう男性もいるようです。
こういった少し鈍感な男性は、ハイヒールやタイトスカートの歩きにくさについて、考えたこともないのかもしれません。
デート中、歩くのが遅いあまりに微妙な空気になってしまったら「実はこの靴少し歩きにくくて…」などと事情を説明してみましょう。

そうすることで彼の疑問も解け、理解してくれるようになりますよ。

(4)よく迷子になってそう

『歩くのが遅い女の子は鈍そうなイメージ。方向音痴だったりあてもなくさまよってそう』(28歳/広告)

歩くのが遅い女性に対して、「よく迷子になってそう」と危なっかしい印象を抱く男性もいます。
これは決して悪い印象ではなく、むしろ「危なっかしくて守ってあげたい」という慈しむ気持ちに近いようです。
歩くのが遅いことと迷子になりやすいことに因果関係はありませんが、ゆっくりふらふらと歩いている様子が迷子になっている人を想起させるのかもしれません。

女性らしく可愛らしいイメージをつけたい場合は、少しゆっくり目に歩くことを意識するのがいいかもしれません。

(5)時間を大切に生きてほしい

『人生は有限なのだから、移動時間に消費しているようじゃもったいないです』(27歳/営業)

ゆっくりノロノロと歩いている女性に対して、「時間を大切に生きて欲しい」とシビアな見方をする男性もいます。
確かに少し急いで歩くだけでも、時間は大幅にカットできますよね。
デートの時などは仕方ないですが、仕事中に男性と歩く時などは、時間を無駄にしていると思われないよう、少し意識して早歩きするようにしましょう。

また少し早歩きすることで、結果的に自分の時間が増えたりと日々の生活に余裕が生まれるかもしれませんよ。


歩くのが遅い女性に対する男性の本音をご紹介しましたが、いかがでしたか?
中には厳しい意見もありましたが、無理して早く歩く必要はありません。

お互いを思いやりながら、ほど良いペースを見つけられるといいですね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする