「新婚気分を味わせること」がカギ!彼氏にさりげなく”結婚生活を想像させる”LINE5つ

【相談者:30代女性】

彼氏と付き合って2年ちょっと。
そろそろ結婚を……と考えているのですが、彼の方からそのような話題は出ません。どうすれば彼に結婚を意識させることができるでしょうか。

疑似夫婦気分を味わえるLINEが結婚生活を意識するキッカケをつくります。

ご質問ありがとうございます。
コラムニストのLISAです。

交際期間が長くなるにつれ、自然と意識し始める結婚。
もちろん「いずれは結婚を……」と考えているカップルであれば、多少なり二人の今後について考えるときもあるでしょう。

しかし必ずしもお互いが結婚を意識し始めるタイミングが同じであるとは限りません。
中には女性が結婚を意識し始めたときに彼氏はまだ将来のことを考えられない状況である、という場合もあります。

それなら彼に結婚を意識させるための行動を起こしてみてはどうでしょうか。

今回は男性の方々から伺ったお話に基づき、彼氏が思わず結婚生活を想像してしまうLINEテクについてご紹介いたします。

(1)「いつも同じタイミングで起きるよね」

『毎朝彼女におはようLINEを送るんですけど、結構すぐに返信がくるんです。そしたら彼女の方から「私たちいつも同じタイミングで起きるよね~」とLINEがきて。そのLINEを見て思わず一緒に住んで、一緒のタイミングで朝目覚めることを想像しちゃいました』(23歳/美容師)

結婚して一緒に暮らすということは、毎日同じ家で共に寝て起きるということ。
そのため「いつも同じタイミングで起きるよね」「私も今起きたよ、おはよう」と朝の目覚めの瞬間を共有すると、男性も自然と一緒に暮らす結婚生活を想像しやすいのです。

もし毎朝のおはようLINEが日課となっているのであれば、ただ「おはよう」と送るだけでなく、一緒の部屋で目覚めているかのような錯覚を起こす内容を意識してみましょう。

(2)「今週末は家でゆっくり過ごしているよ」

『前の彼女は僕が休日に家にいても友達と出かけちゃうような行動派の子だったんです。そういう明るい性格は良かったんですけど、「何が何でも休日は外に出かけないといけない」みたいな部分はちょっと一緒に暮らすには疲れるかなって。今の彼女は結構休日でも家でゆっくり過ごす子なので、結婚しても家庭内での夫婦の時間を楽しめそうだなって思います』(29歳/IT)

多少なり結婚に憧れをいだく男性であれば、夫婦二人でゆっくりとした時間を過ごす未来を想像したことがあるはず。
そんな男性から見て、休日に彼女が家でゆっくり過ごしている様子は結婚生活を自然に想像できるキッカケとなるのです。

休日のLINEでは「今日は家でゆっくり過ごしているよ」「洗濯物が終わったら散歩でもしてくる」など、具体的な休日の過ごし方を伝えてみましょう。
その何気ない日常の様子を見て、彼も夫婦の時間を楽しむ結婚後の二人の姿を想像してしまうはず。

(3)「帰りに牛乳を買ってきてほしい」

『週末は大体彼女の家に泊まりに行くんですけど、「ごめん!来る前に牛乳買ってきてほしい」とLINEで言われたときは、何か新婚夫婦みたいな会話だなってひとりドキドキしてしまいました(笑)』(30歳/営業)

奥さんが買い忘れた物を旦那さんに頼むという状況は、多くの夫婦にとってよくあるLINEでのやりとり。
そのLINEを真似することにより疑似夫婦気分が味わえ、彼が結婚生活を思わず想像するなんて場合もあるのです。

彼が自分の家を訪ねる機会があれば、その前にちょっとした小さなお使いを頼んでみましょう。
「牛乳を買ってきてほしい」「調味料を買い忘れちゃったの」など買い物のお手伝いを頼むことにより、無意識のうちに彼が新婚生活の気分を味わっているかもしれませんよ。

(4)「あなたの好きな煮物を作ったよ」

『好き嫌いが多い僕のために彼女は苦手な料理を頑張って練習をしてくれているんです。「今日はあなたの大好きな煮物だよ~」と料理の写真つきでLINEが送られてくるたびにいい奥さんになるだろうなと密かに思っています』(33歳/SE)

仕事から帰って奥さんの手料理を食べるという結婚生活に憧れを持つ男性も多くいます。
同時にその憧れの手料理を目にすることにより、結婚を意識し始める男性も珍しくはないのです。

彼が手料理に強い憧れを抱いているようであれば、彼の好物を作ってその写真をLINEで送ってみましょう。
彼女が自分のために頑張って作った手料理を見て、思わず彼も嬉しくなるはず。
なにより「結婚したら毎晩この食事が食べられるんだ」という憧れに心躍らせることになるでしょう。

(5)「いってらっしゃい! 今日も一日頑張ってね」

『やっぱり「いってらっしゃい」の一言はLINEでも嬉しいですよ!「今日も一日頑張ってね」とか言われると朝からテンションも上がりますし、玄関先で見送る彼女の姿が想像できます』(26歳/営業)

朝起きて仕事に向かう途中に憂鬱な気分となる人もいます。
ただ長い一日の始まりが憂鬱なものであると、一日中気分もすぐれません。
そんな彼に元気を出してもらうためにも、朝の「行ってらっしゃい」LINEは欠かさず送るようにしましょう。

「いってらっしゃい! 今日も一日頑張ってね」と彼女から明るく送り出されると、男性も途端にやる気がわきます。
なにより玄関先で自分を見送る彼女の姿が想像でき、そこから将来の結婚生活を思い浮かべる男性もいるのではないでしょうか。


自分が結婚を意識し始めたとき、彼が真剣に将来のことを考えてくれない状況だと不安や苛立ちが募ることもあります。
とはいえ、そこで彼を責めても何も状況は変わりません。
それどころか二人の関係に亀裂が生じる可能性だってあるのです。

もし彼に結婚を意識させたいのであれば、LINEを使って日常の中で結婚生活を想像できる瞬間を与えてあげてみてはどうでしょうか。
「彼女と結婚したら楽しいのだろうな」と思わず想像してしまうLINEを送ることができれば、彼の考えにもきっと何らかの変化が表れるはずです。

●ライター/LISA(女ゴコロ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする