長続きの秘訣!仲良しカップルが決めている5つのルールとは

彼氏とは、ずっと仲良くお付き合いしたいですよね。
長続きする仲良しカップルは、平和を維持するためにルールを持っている人達がいます。

今回は、仲良しカップルが決めているルールを紹介していきます。

(1)喧嘩した時のルール

『先に謝ったほうが勝ちというルールを決めてます、意地を張っていても気まずい関係が続くだけなので』(25歳/メーカー)

長続きしているカップルは、喧嘩した後の仲直りの仕方が上手です。
喧嘩した時の仲直りのルールを、初めから作っておくと良いでしょう。

例えば、その日のうちに解決するや、一旦離れて冷静になる時間を作るや、お互い言いたいことは全て言ってしまうなどです。
喧嘩をずるずると長引かせてしまっては、謝るタイミングを逃してしまい、気まずい関係が続いてしまいます。
ルールを作っておくと、仲直りのタイミングを決められて良いですね。

(2)他の異性との付き合い方のルール

『プライベートで2人きりで会う展開になった時は報告しています』(29歳/印刷)

異性と一対一で会うことが許されないという人もいれば、異性の友達がいるから、お付き合い上会わないわけにはいかないという人もいます。
他の異性との付き合い方は人それぞれです。

どこまでは許せて、どこからは許せないのか、お互いの境界線を決めておくと揉め事にはなりませんよね。
また浮気の心配もなくなります。
仕事上の付き合いのある異性もいますので、その辺りもオープンにしておくと不安は少なくなります。

(3)連絡のルール

『LINE不精ですけど、毎日生存報告はし合うことだけ決めてます』(29歳/IT)

カップルにとって、コミュニケーションは大事です。
この連絡の仕方も、毎日何通もLINEをしたい人もいれば、毎日1回の連絡も苦痛だという人もいます。
お互いにベストな連絡方法を決めておくのが良いでしょう。

例えば1日1回LINEをするや、2日に1回は電話で話すなどです。
また仕事中は連絡しないなど、時間のルールを作っておくと不要なケンカはしなくて済みます。
ただし負担がかかるようなルールを決めてしまうと、どちらかがしんどくなってしまいます。

お互いが無理なくできるコミュニケーションの方法を作っておくと、寂しさから不安になることもなくなります。

(4)呼び名のルール

『呼び名は○○くんと○○ちゃんです!いつでも付き合いたての気持ちを忘れないために決めました』(26歳/インストラクター)

付き合いが長くなると、最初は名前で呼んでいたものが、だんだんと「ねぇ」「ちょっと」などとなってしまいます。
そのまま名前を呼ばなくなると、慣れ合いのマンネリになってしまいます。

長続きするカップルは、相手をちゃんと名前で呼びます。
また2人だけの時は、特別な呼び方をでも良いです。
名前を呼ぶだけでも、そこに愛情が篭るのです。

(5)ちゃんと伝え合うことのルール

『お互いに言いたいことは我慢せず言い合うことをルールにしました、溜めて後から爆発するほど理不尽なことはないですからね』(34歳/企画)

隠し事をしたり嫌なことを言えずに我慢していたりすると、いつか大爆発してしまいます。
そうならないよう、お互いに思っていることは伝える・隠し事はしないというルールを作るのが長続きのポイントです。

相手のためを思ってついたウソでも、相手にとっては不安の要素になってしまうこともあります。
また言ったら嫌われてしまうかもしれないと思い、嫌なことを放置していたら嫌いになってしまうこともあります。
お互いがちゃんと色んなことを伝え合い、意思の疎通が取れていると不安などもなくなりますよね。


人それぞれ価値観や、考え方の違いがあるのは当たり前です。
カップルだからといって、全てが同じ考え方ではありません。
お互いが付き合いやすいように、ルールとして決めておくと、不安やケンカも減ります。

2人でルールを決めて、いつまでも仲良しのカップルでいられたら素敵ですね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (37)
  • うーん (11)

恋愛jpをフォローする